『ハロウィン』(2018) 感想:ブギーマンがアラカン!40年越しの老老対決

映画『ハロウィン』の一場面 ホラー
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS Anything labeled AA68_D is: Ryan Green/Universal Pictures
この記事は約5分で読めます。

リメイクやリブートではなく、1作目の40年後を描く「続編」なんですね。『ハロウィンⅡ/ブギーマン』(1981)以降はぜんぶ無かったことにする、という大胆作にして、アラカン同士の対決という渋い設定になっています。

タイレンジャー
タイレンジャー

ちょっと『ターミネーター2』的なアプローチだな、とも思いましたね。

作品概要

原題:Halloween
2018年/アメリカ/106分
監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン
製作総指揮:ジョン・カーペンター/ジェイミー・リー・カーティス
脚本:ジェフ・フラッドリー/ダニー・マクブライド/デビッド・ゴードン・グリーン
音楽:ジョン・カーペンター/コディ・カーペンター
出演:ジェイミー・リー・カーティス/ジュディ・グリア/アンディ・マティチャック/ウィル・パットン ほか

ジョン・カーペンター監督による1978年の名作ホラー「ハロウィン」の40年後を描いた続編。ジャーナリストのデイナとアーロンは、40年前のハロウィンに起きた凄惨な殺人事件の真相を調べていた。犯人の「ブギーマン」ことマイケル・マイヤーズは事件後ひと言も話さず、動機や感情は一切不明。事件の唯一の生き残りであるローリー・ストロードに話を聞いても収穫はなかった。しかしローリーは再びマイケルが自分の前に現れることを予感し、その時のためにひとり備えていた。そしてハロウィン前夜、精神病棟から患者を輸送する車が横転し、マイケルが再び街に解き放たれる。78年版でローリーを演じたジェイミー・リー・カーティスが再び同役を務め、「ジュラシック・ワールド」のジュディ・グリアらが共演。ジョン・カーペンターが製作総指揮のほか音楽も担当。「パラノーマル・アクティビティ」シリーズのジェイソン・ブラムが製作、「ボストンストロング ダメな僕だから英雄になれた」のデビッド・ゴードン・グリーンがメガホンをとった。

映画.comより)

予告編

Halloween Trailer #2 (2018) | Movieclips Trailers

感想・考察(ネタバレなし)


こりゃ、親子三代版『ターミネーター2』って感じですな。

一作目でストーカー的殺人者に襲われた主人公の女性が「次なる対峙」に備え、周囲に白い目で見られようとも、用心&武装する。且つ、我が子にも戦闘のスキルを教え込むってとこが完全に「T2」なわけで。

ただ、サラ&ジョン・コナーと違って、ローリーには年頃の孫もいて、襲撃者と対峙するのが親子三代というのが本作。

地味な女子大生だったサラ・コナーが2作目で闘う母に変貌したように、ジェイミー・リー・カーティス演じるローリーもまた、本作では戦闘お婆と化しております。

でまぁ、案の定、マイケルが脱走!

ローリーが40年間に渡り備えてきた「その時」が訪れるのです。

『ターミネーター2』が面白かったのは一作目と同じ登場人物たちがガラッと違う立場にあるという点。敵だったT-800が味方になったように、本作でも主要登場人物の立場に変化が生じています。

一作目ではローリーにマイケルがストーカーのように付きまとい襲ってくるのに対し、本作ではその逆で、どちらかと言うとローリーがマイケルに対してストーカーのようになっているのが興味深いところ。

では、マイケルはどうかと言うと、気ままな無差別殺人を繰り返しながら、最終目的のローリーに徐々に迫るというもので、ここはほぼ変化なし。

40年越しのローリー対マイケルの因縁真っ向勝負が本作のベース。

ローリーが既にお婆なら、当然マイケルも老いているわけで、老婆と老殺人鬼の老老対決です。

と書くとすっごく面白そうだけど、「親子三代」と「老老対決」の設定がうまく生かされず、やや消化不良だったのは残念。

親子三代というのは、相応のドラマを展開するには時間が足りない。仮に時間を確保するなら本筋の展開が遅くなってしまう。という訳で、親子二代に収めておいたほうが良かったかも?まぁ、それはそれでありきたりな気もするので、難しいもんですー。

老老対決に関してはローリーの激変が見どころになっているけど、マイケルが老いてもなお人間離れした怪力を発揮しており、全く老いを感じさせないんですね。その変わらなさをどう評価するかが、1つのポイント。個人的にはこのマイケルの設定にひとヒネリ欲しかったところ。

それでも、最後には親子の連携プレイによる「必然の一手」があったりして、一定のカタルシスはあると思う。

しっかし、40年間ムショ入りしていた男を一途に待ってくれている女がいるなんて、ある意味恋愛映画みたいだなーと。ホラー版『幸福の黄色いハンカチ』かと。

リプリーとエイリアンが回を重ねるごとに妖しい関係になっていったことを考えると、次回作ではいよいよローリーとマイケルがプラトニックな関係になったりするのかも。お婆ちゃんとお爺さんだけど。

シリーズに思い入れのある人ならまた違った見え方があると思うので、ホラーがお好きな人も含めてぜひチェックしてくださーい。

僕の評価

5点/10点

タイレンジャー
タイレンジャー

映画界も少子高齢化が進んでいるなぁ、なんて思ったり。

どうでも雑感

・本作の続編として2021年に『Halloween Kills (原題)』、2022年に『Halloween Ends (原題)』が公開決定だそうです。戦闘お婆の雄姿はまだまだ観られるのですね。

鑑賞方法

あいにく2020年10月時点で『ハロウィン』の動画配信はアマゾン・プライムのみです。
DMM.comの宅配DVDレンタルにて鑑賞をすることもできます。初月は無料です!

同シリーズ

0

コメント