『ザ・ワイルド』感想:【熊!】なぜ熊に最優秀助演男優賞をあげないのか

映画『ザ・ワイルド』の一場面 アクション
この記事は約4分で読めます。

アンソニー・ホプキンスが野生のヒグマと肉弾戦を繰り広げる珍作です。

山中で熊に襲われそうになったら・・・という時に備えて観ておくと役に立つかもしれませんなぁ。

タイレンジャー
タイレンジャー

愛憎劇 × サバイバル劇 ってどんな組み合わせだよ。

作品概要

1997年製作/115分/アメリカ
原題:The Edge
配給:20世紀フォックス映画
監督:リー・タマホリ
脚本:デイヴィッド・マメット
撮影:ドナルド・M・マカルパイン
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
出演:アンソニー・ホプキンス/アレック・ボールドウィン/エル・マクファーソン/ハロルド・ペリノー ほか

極限状況下におかれた男たちのサバイバルを、サスペンスを織り交ぜ荘厳な自然の風景の中で力強く描いたアクション。監督は「狼たちの街」のリー・タマホリ。製作は「大いなる遺産」のアート・リンソン。製作総指揮は「12モンキーズ」のロイド・フィリップス。脚本は「殺人課」(監督も)「ウワサの真相 ワグ・ザ・ドッグ」のデイヴィッド・マメット。撮影は「ロミオ&ジュリエット」のドナルド・M・マカルパイン。音楽は「エアフォース・ワン」のジェリー・ゴールドスミス。出演は「ケロッグ博士」のアンソニー・ホプキンス、「陪審員」のアレック・ボールドウィン、「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」のエル・マクファーソン、「ブラッド&ワイン」のハロルド・ペリノー、「カジノ」のL・Q・ジョーンズほか。

映画.comより)

予告編

The Edge (1997) – Trailer – HD

感想・考察(ネタバレなし)


本作は人里離れた大自然(ヒグマ付き)からいかに生還するかというのと、大人の男女の三角関係、の2本の軸で成り立っています。

生き延びる為に力を合わせなくてはいけない相手が、自分の妻と関係を持っているかもしれない…。主人公は理性と感情の狭間で揺れ動くことになるって話なんですねー。

一言で言うと、サバイバル愛憎劇です。そそられますね、週刊誌の架空投稿みたいな話で。

主人公のチャールズは博学で頭脳明晰な大富豪おじいちゃん。で、その彼の嫁がどんなんかと言うと、いわゆるスーパーモデル風の若い美女なんですね。演じるエル・マクファーソンも当時を代表するスーパーモデルでした。

映画『ザ・ワイルド』の一場面

IMDbより)

↑ぜってー金だろ、金!と野次りたくなる夫婦ですよ。

が、この嫁のキャラクター造形の薄っぺらさも含めて、飾り物なだけの美女って感じなんですよねー。チャールズにとっては見せびらかし用の優勝トロフィーみたいな奥さんですな。

理知的なチャールズがこんな薄っぺらい嫁を選んだのも釈然としないんですが、そもそもこの嫁が全然魅力的じゃないので、奪い合う男たちのドロドロ劇もイマイチ盛り上がらんのです。個人的にはもっとゲスい話が観たかったんだけどな…。

なので、愛憎劇の軸はうまく機能してないんですが、もう1つのサバイバルの軸はなかなか良いです。何が良いって、もちろんヒグマですよ。

映画『ザ・ワイルド』の一場面

IMDbより)

なぜヒグマに最優秀助演男優賞をあげないのかって思ったくらいです。

血の匂いを嗅ぎつけた野生のヒグマが2人を付け狙うんですが、本当に凄まじい迫力!というのも、このヒグマはCGではなく、ほぼ本物を使って撮影されてるんですよ!

この凶暴なるヒグマを演じたのは「くまのバート(Bart the Bear)」という芸名を持つ、よく調教されたヒグマなんですね。


バートは『子熊物語』(1988)など多数の映画出演を果たした”名脇役”です。バートの芸達者ぶりとプロフェッショナルな姿勢に感銘を受けたスタッフや共演者たちは彼のことを「ヒグマ界のジョン・ウェイン」と呼んだそうな。

今では映画の中の動物はCG製が大半かと思いますが、どんなに技術が向上しても本物の迫力には勝てないんじゃないかという気がしますね。本作のヒグマの躍動感はなかなかCGで再現できるようなものではない気がしますー。

映画の撮影で動物に演技を強いるのはどーなんだ、虐待なんじゃないかという風向きもあるよーですが、そんな問題とは切り離して楽しむべき映画かと。

それくらい躍動する生のヒグマの姿は美しかったです。

僕の評価

6点/10点

タイレンジャー
タイレンジャー

くまのバートの熱演に敬意を表して。

どうでも雑感

・アンソニー・ホプキンスのトロフィー妻を演じたエル・マクファーソンって『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』でも何の魅力もないお飾りヒロインを演じてましたね。美人だけど、記憶に残らないタイプの美人なんだよなぁ。

鑑賞方法

あいにく2020年11月時点で『ザ・ワイルド』は動画配信されておりません。
DMM.comの宅配DVDレンタルにて鑑賞をすることができます。初月は無料です!

0

コメント