『プレデターズ』(2010) 感想:『CUBE』的な設定でプレデター

映画『プレデターズ』の一場面 SF
(C)2010 TWENTIETH CENTURY FOX
この記事は約6分で読めます。

どうも迷走気味のシリーズで、今回もまるで期待していませんでした。で、実際にやはり・・・という感じでしたが、『CUBE』的な設定の試みは興味深かったです。

タイレンジャー
タイレンジャー

シリーズが抱える根本的な問題は解決できてないんですけどね。

作品概要

原題:Predators
2010年/アメリカ/107分
監督:ニムロッド・アーントル
製作:ロバート・ロドリゲス ほか
脚本:アレックス・リトバク/マイケル・フィンチ
音楽:ジョン・デブニー
出演:エイドリアン・ブロディ/アリシー・ブラガ/トファー・グレイス/ルイ・オザワ/マハーシャラ・アリ/ダニー・トレホ ほか

アーノルド・シュワルツェネッガー主演の大ヒットSFアクション「プレデター」(87)シリーズを、新たな視点・キャストで描く。ロバート・ロドリゲスが製作と脚本を担当し、新鋭ニムロッド・アーントルがメガホンをとる。主演はエイドリアン・ブロディ。傭兵のロイスはある未知なる惑星で、囚人、日本人の殺し屋、メキシコの暗殺団一味などからなる戦闘集団を、いやいやながら統率することになる。やがて、自分たちが新種プレデターの餌食として惑星に連れてこられたことが判明。生き残りをかけたプレデターとの壮絶な闘いが始まる。

映画.comより)

予告編

映画『プレデターズ』予告編

感想・考察(ネタバレなし)

原点回帰か、新機軸か

1作目の『プレデター』(1987)はSF版ベトナム戦争映画だった。

最強であったはずの米軍が未開の地(米国人から見た表現ね)にて、大苦戦を強いられ泥沼と化したベトナム戦争。姿が見えず、いつどこから襲ってくるか分からないベトコン兵への恐怖はそのままプレデターになぞられた。 

この「姿が見えない敵」という部分が1作目の面白い部分で、プレデターが魅力的である所以。でも、その姿を1度晒した以上は、次回作以降は必然的に露出を増やさざるを得ない。 

そこで『プレデター2』は舞台と主人公をガラッと変えて、大都会の麻薬戦争にプレデター参戦という派手な展開にすることで、エンタメ性を保った。プレデターが「見える」ぶん、恐怖感は薄れたけど。 

この「プレデター見えすぎ問題」をいかにカバーするかはこのシリーズの宿命でもある。 なので、『エイリアン vs プレデター』では「むしろバコーンと見せるぜ!エイリアンとも戦わせるぜ!」と開き直りパターンになっちゃうと、プレデター本来の魅力からはだいぶ離れて別物のような気がしてしまうのだ。

で、本作がどうかと言うと、「見えすぎ問題」については解決策なし!むしろ、バコーンと見せちゃってます。でも、今回も無策かよ…という訳でもない。 「見えすぎ問題」は置いておいて、本作の軸になっているのはプレデター版『CUBE』(1997)だということ。 

 見ず知らずの男女数人が目覚めたら見知らぬ場所に隔離されて、脱出を試みるも、それは死のゲームであるという筋書きはまんま『CUBE』なんですわな。 ジャングルを閉鎖空間に見立てて、唐突な状況をいかにサバイブするかというのにプレデターを組み合わせるという奇策だけど面白い。 

連れて来られた場所がどこか「あの世(地獄)」を思わせるのも『CUBE』っぽい。つまり、登場人物は既に死んでいるんじゃないかと。主人公たちは地獄に「堕ちてくる」わけだしね。だとしたらプレデターは鬼か。そんな深読みも楽しい。 

本作の序盤は本当によく出来ていて、「何がどうなってんのー?」と謎だらけのシチュエーションでかなり引き込まれる。シリーズ史上最高にツカミはオッケー!で始まる。あ、でも2のオープニングも燃えたなぁ。 

では、この『CUBE』要素が物語の中で効果を発揮しているかというと、そうでもなく笑。プレデターという存在も決してその設定によって生かされてる訳でもないという。 試着したらいい感じだったけど、自前の他の洋服とはまるで合わなかった、みたいな。 

試みとしては面白かったけど、後半はいつものプレデターだからなぁ。設定を生かしきれなかったのは勿体ない。  

あと、本作のもう一つの特徴は「1作目へのリスペクト」。舞台がまたジャングルになっているだけでなく、随所にオマージュの連続で1作目のファンなら嬉しくなる仕掛けばかり。 これには「見えないプレデター」への原点回帰か?と心踊ったのだけど、そんなことは全く無く。じゃあ、なんでジャングルにするのよ?と。 

序盤はかなりのロケットスタートだっただけに、その後が今ひとつ。不可解な登場人物がいたり、無理矢理すぎる展開もあって、雑な印象に。 でも… でも、アラン・シルベストリ作曲のあのテーマ曲が流れるだけで、全てを許してしまった…! あのテーマ曲を聞くだけで男は心がカーニバルになるに決まってるじゃないか。ずるい!ずるいぞー! 

(画像はIMDbより引用)

僕の評価

5点/10点

タイレンジャー
タイレンジャー

人間のキャラクターたちが薄いのが残念。

どうでも雑感

・日本刀を手にしてプレデターと一騎打ちを演じた日本人ヤクザが元日本代表サッカー選手の川又堅碁と瓜二つであった。

・紅一点の美人がマイベスト映画(の一本)『シティ・オブ・ゴッド』のブラジル人女優アリシー・ブラガだったことにも驚いた。

鑑賞方法

『プレデターズ』はU-NEXTで鑑賞できます。31日間無料トライアルなのでぜひ。
(2020年10月時点)

0

コメント