『レッド・スパロー』感想:もっと見たかった秘密の花園 (女スパイ養成所)

映画『レッド・スパロー』の一場面 サスペンス
(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
この記事は約4分で読めます。

ジェニファー・ローレンスが色仕掛けスパイを演じるという、男性諸氏が喜びそうな映画。
そんなセクシーな見どころもあり、楽しめますが、個人的には一番興味があった部分をスルーされてしまった気分です。

タイレンジャー
タイレンジャー

女スパイってどんな○○をするの?

作品概要

原題:Red Sparrow
2018年/アメリカ/140分
監督:フランシス・ローレンス
原作:ジェイソン・マシューズ
脚本:ジャスティン・ヘイス
撮影:ジョー・ウィレムズ
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演:ジェニファー・ローレンス/ジョエル・エドガートン/マティアス・スーナールツ/シャーロット・ランプリング ほか

アカデミー賞女優のジェニファー・ローレンスが、「ハンガー・ゲーム」シリーズのフランシス・ローレンス監督と再タッグを組んだスパイサスペンス。元CIA局員という経歴を持つジェイソン・マシューズによる同名小説が原作で、捜査対象を美貌で誘惑する「スパロー」と呼ばれる女スパイの活躍を描く。事故でバレリーナになる道を絶たれたドミニカは、ロシア政府が極秘裏に組織した諜報機関の一員となり、自らの肉体を使った誘惑や心理操作などを駆使して情報を盗み出す女スパイ「スパロー」になるための訓練を受ける。やがて組織の中で頭角を現したドミニカは、ロシアの機密情報を探っていたCIA捜査官ナッシュに近づくというミッションを与えられる。接近したドミニカとナッシュは互いに惹かれあいながらも、それぞれのキャリアや忠誠心、国家の安全をかけてだまし合いを繰り広げていく。

(映画.comより)

予告編

映画「レッド・スパロー」予告A

感想・考察(ネタバレなし)

僕の興味はある一点に絞られている

ジェニファー・ローレンス主演のイメージビデオでしたね。それも潤沢な予算の。

まず、この映画はジェニファー・ローレンス=すっげぇ美女、という前提のもとに、いかに彼女を美しく見せるかという点に腐心しています。

七変化とばりに、いいオンナ感全開な衣装がコロコロ変わります。当然、エッロい水着姿もありますし、遠慮気味な撮り方ながら、おっぱいも見せてくれます。ばっちりメイクの時もあれば、すっぴんはすっぴんで綺麗に撮れています。

まぁ、男は(綺麗な)すっぴんが好きだからねぇ。彼女自身、化粧映えするのっぺり顔なので、こうう場面ごとの顔の変化も面白いところ。彼女は綺麗なイモ姉ちゃんという感じ。

話自体もまあまあ楽しかったのだけど、それ以上にジェニファー・ローレンスありきな映画という感じ。もちろん、技術的に映画として良く出来ているおかげでもあるけど、女優1人のイメージビデオとして140分もの間が持つ感じはスゴイ。やっぱりこの綺麗なイモ姉ちゃんは売れているだけのことはある。

で、話の部分に目を向けると、女スパイがどんなセックスをするのかって部分が1番興味あるじゃないですか(真顔)。更に言うと、男をメロメロにする秘儀をどうやって身につけたかという点。でも、本作はそこの1番美味しいところが曖昧なんですよね。

前半の中にはスパイ養成施設みたいな所でそういう訓練を受ける場面があるのだけど、ここがどうも勿体ない。いかに男をメロメロにさせるか、という講習の具体的な描写が足りないのだ。ちょっと大変だったけど、もともと素質もあったし、まぁそれなりに上手くスパイになれました、みたいなサラッとした感じで終わる。

個人的には全編がこの色仕掛けスパイ養成所だけでも良かったくらい。歪な学園モノまたはゲスいスポ根として焦点を絞ったほうが面白かったんじゃないかと思う。

講師からはセクハラを軽く超える実技試験を強制され、同期たちも精神的に追い詰められ脱落し、ライバル同士のドロドロな潰し合いも生じる。皺くちゃな女教官(シャーロット・ランプリング)が自らの武勇伝を語り出したり…。最終試験は絶対にイカない男をイカせて合格、卒業、みないな(我ながら下品やわぁ)。
それだけで2時間持たせられるくらいのドロッドロ怪作が観たかったなぁ。

とまでいかなくとも、『フルメタルジャケット』や『スターシップ・トゥルーパーズ』みたいに、前半は訓練、後半は実戦みたいなバランスでも良かったかと。

とにかく、女スパイ養成所で何が行われているかがもっと見たいんだよ!話の中で膨らませる場所が違っていたらもっと面白かっただろうなぁという映画。まぁ、股間も膨らむような出来であれば尚更嬉しい。
北朝鮮もこういう施設ありそうね…。

僕の評価

6点/10点

タイレンジャー
タイレンジャー

そういえば皮むき機?のシーンは痛そうでしたね。

どうでも雑感

・ジェニファー・ローレンスのちょっと中途半端なヌードがあります。

・このフランシス・ローレンスという監督、やたらとキューブリックみたいな正対・シンメトリーの構図を用いるんですよね。画的には綺麗だからいいけど、こういうハリウッド大作でやりすぎると、鼻につくから加減が難しいところですな。

鑑賞方法

『レッド・スパロー』はU-NEXTで鑑賞できます。31日間無料トライアルなのでぜひ。
(2020年10月時点)

0

コメント