『新感染 ファイナル・エクスプレス』【感想・ネタバレなし】さあ、泣け!と言わんばかりの感傷的な音楽が。。。

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』の一場面 ホラー
この記事は約4分で読めます。

あのギレルモ・デル・トロが「傑作!」と絶賛したりと、全世界的に評価が高い本作。
でも、あんまり期待値は上げすぎないほうが良いかもしれません。
あとは「泣くこと」を目的とした人にはいいかもしれませんねぇ。。。

タイレンジャー
タイレンジャー

「泣けます」な映画です。僕はぜんぜん泣けませんでしたが。

作品概要

英題:Train to Busan
2016年/韓国/118分
監督:ヨン・サンホ
製作総指揮:キム・ウテク
脚本:パク・ジュソク
撮影:イ・ヒョンドク
出演:コン・ユ/キム・スアン/チョン・ユミ/マ・ドンソク ほか

ソウルとプサンを結ぶ高速鉄道の中で突如として発生した、謎のウィルスの感染拡大によって引き起こされる恐怖と混沌を描いた韓国製サバイバルパニックアクション。ソウルでファンドマネージャーとして働くソグは妻と別居中で、まだ幼いひとり娘のスアンと暮らしている。スアンは誕生日にプサンにいる母親にひとりで会いにいくと言い出し、ソグは仕方なく娘をプサンまで送り届けることに。ソウルを出発してプサンに向かう高速鉄道KTXに乗車したソグとスアンだったが、直前にソウル駅周辺で不審な騒ぎが起こっていた。そして2人の乗ったKTX101号にも、謎のウィルスに感染したひとりの女が転がり込んでいた。主人公のソグ親子のほか、妊婦と夫、野球部の高校生たち、身勝手な中年サラリーマンなど、さまざまな乗客たちが、感染者に捕らわれれば死が待ち受けるという極限状態の中で、生き残りをかけて決死の戦いに挑み、それぞれの人間ドラマが描かれる。韓国のアニメーション界で注目を集めてきた新鋭ヨン・サンホ監督が初めて手がけた実写長編映画で、今作の前日譚となる物語が長編アニメ「ソウル・ステーション パンデミック」で明らかにされている。

(映画.comより)

予告編

『新感染 ファイナル・エクスプレス』予告編

感想・考察(ネタバレなし)

まずは良かった点

結論から言うと、本作はなかなか良く出来ていると思います。

ロメロの『ゾンビ』が舞台をショッピングモールという限定された空間内でに絞ったことで、逃げ場が無いという緊迫感を演出したのと同じく、特急列車でゾンビ、とはナイスアイディア。特に、列車の特性を生かした車両ごとのステージ戦は面白かったし、扉やトンネルに関するゾンビの設定も上手かった。

そこに登場人物各々の人間ドラマが手際良く絡められていて、感情移入もしやすい。 伏線も効いていて、主人公の娘が発表会で歌う歌の伏線は忘れた頃に出てくるから、上手い。 

更には、格差社会という今の韓国らしいテーマも織り込まれている。バス会社の重役のキャラクターはありがちながらも、韓国社会を描く上で外せない憎まれ役なのだと思う。サムスン電子の副社長が収賄の罪で実刑食らうなんてこともあったから、財閥に対する不信感たるや。この辺は韓国の庶民派やっぱりほくそ笑むの? 

ダメな人が危機的状況で人間的に成長するという展開が主人公に限らず、脇役においても同様にあるというのも良かった。 そんでもって最後は涙、涙のお別れのシーン。劇場では鼻をすする音があちこちで聞かれましたな。

むむむ~。ここがイマイチ

でも、期待しすぎていたせいか残念に感じた部分も。 

ゾンビがあまり怖くないのは、ちょっと勢いを削いでしまった感あり。最近は走るわ、跳ぶわでゾンビのアスリート化に慣れてしまったせいか、本作のゾンビは能力が低くく感じてしまう。列車という狭い舞台でゾンビが強すぎたら、あっという間に映画が終わっちゃうから、バランスを取ったのだと思うけど。 

あと、泣かせのシーンの音楽が必要以上に感傷的で興ざめ。これは邦画にも共通する悪癖だけど、ドヤ顔で「さあ、泣け」と言われているようで、かなり白けてしまいました。 

感染の疑いがある人々が差別を受ける展開はお約束ではあるけど、描き方がやり過ぎな気がして、本当に気分が悪くなった。だから、その後の展開もザマーミロとはまるで思えなかったんですね。ここは国民性の違いだから、感覚も違うのは仕方ないか。

(画像は映画.comより引用)

僕の評価

6点/10点

タイレンジャー
タイレンジャー

泣かせ誘導の音楽でかなり冷めてしまいましたが、全体的には楽しめましたよ。

どうでも雑感

・マ・ドンソクの奥さん役を演じたチョン・ユミは美人だなーと思って画像検索したら、「こんな顔だっけな?」って感じの画像ばっかり出てくるんですけど。同姓同名の人が多いんですかね?それとも本当に顔が違う?(どうでもいいけど)

・本作の続編にあたる『Peninsula(原題)』が制作されたそうな。これは観てみたい。

『新感染 ファイナル・エクスプレス』続編 映画『Peninsula (原題)』米予告編

+1

コメント