『ドクター・スリープ』聖地巡礼ツアー&コスプレ大会

映画『ドクター・スリープ』の一場面 ホラー
(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
この記事は約5分で読めます。

二兎を追う者は一兎も得ず。

そんなシンプルな教訓を学ぶには2時間30分はちと長すぎやしないか。

そもそも期待はしていませんでしたが、やはりガッカリさせられた理由について書いていきます。

タイレンジャー
タイレンジャー

続編というより、ファン感謝祭的な趣が興ざめ。

作品概要

2019年製作/152分/PG12/アメリカ
原題:Doctor Sleep
配給:ワーナー・ブラザース映画
監督・脚本:マイク・フラナガン
原作:スティーヴン・キング
撮影:マイケル・フィモナリ
音楽:ザ・ニュートン・ブラザーズ
出演:レベッカ・ファーガソン/ユアン・マクレガー/カレル・ストリッケン/ジェイコブ・トレンブレイ/エミリー・アリン・リンド/クリフ・カーティス/ブルース・グリーンウッド/ジョサリン・ドナヒュー ほか

スタンリー・キューブリック監督がスティーブン・キングの小説を原作に描いた傑作ホラー「シャイニング」の40年後を描いた続編。雪山のホテルでの惨劇を生き残り大人へと成長したダニーを主人公に、新たな恐怖を描く。40年前、狂った父親に殺されかけるという壮絶な体験を生き延びたダニーは、トラウマを抱え、大人になったいまも人を避けるように孤独に生きていた。そんな彼の周囲で児童ばかりを狙った不可解な連続殺人事件が発生し、あわせて不思議な力をもった謎の少女アブラが現れる。その力で事件を目撃してしまったというアブラとともに、ダニーは事件を追うが、その中で40年前の惨劇が起きたホテルへとたどり着く。大人になったダニーを演じるのはユアン・マクレガー。監督・脚本は「オキュラス 怨霊鏡」「ソムニア 悪夢の少年」やキング原作のNetflix映画「ジェラルドのゲーム」といった作品を手がけてきたマイク・フラナガン。

映画.comより)

予告編

映画『ドクター・スリープ』本予告60秒 2019年11月29日(金)公開

感想・考察(ネタバレなし)


『シャイニング』の続編である本作はスティーヴン・キングとスタンリー・キューブリックの折衷案のような内容です。 

キング版の小説『シャイニング』とキューブリック版の同名映画はそれぞれの方向性が相反する為、キングはキューブリックの映画版を認めていないというのは有名ですね。 

キング版はホラーを題材にしながらも家族ドラマを丹念に描いており、キューブリック版は家族ドラマよりもホテルの恐怖描写がメインです。つまり、キングの焦点は人間、キューブリックの焦点はホテルなのです。 とある本に書いてありましたが、「キングが続編を書くならダニーを主人公にした話になる。キューブリックが続編を撮るなら同じホテルを舞台にした別の家族の話になるだろう」と。 

で、続編となる本作はどっちなのよ、と。 

キングの続編小説『ドクター・スリープ』の映画化なのか。 それともキューブリックの『シャイニング』の続編なのか。 キングのファンは前者を望むだろうし、 一般の映画ファンは後者を期待する。 

そこで本作の作り手が出した答えは「なら、融合させちゃえ」なんですね。 具体的には、ダニーを主人公とした葛藤ドラマをメインにしながらも、あのホテルも舞台にする、です。 

キューブリック版とも辻褄を合わせる為、原作の『ドクター・スリープ』からはいくらか改変がなされています。 例えば、原作『シャイニング』では最後にホテルはボイラーの爆発により大火災に見舞われて消失したため、原作『ドクター・スリープ』ではホテルが舞台にならないのですが、今回の映画版では舞台のひとつがそのホテルです。 

そりゃあ、映画ファンだったらあのホテル無しの続編なんて興味ないよね、と。 キングを怒らせることなく、キューブリックのファンも満足させる、これは至難の業じゃないでしょーか。あまりに偉大な二兎を追うわけですから。 そんな相反する2つの方向性は形としては一本にまとまりましたが、やはり色々と無理がありました。二兎を追った結果、どちらも中途半端になってしまったと思います。 

まず、長い割にはダニー再生の物語が弱いこと。恐らく原作のテーマはここなんですが、映画版はなんだかストーリーを語るだけで手一杯という感じで、ダニーの葛藤ドラマとしてはかなり物足りないのでは。 キングの小説は長いページを割いて人物描写から風景のディテールに至るまで細かくしつこく描いていきます。それらは登場人物の内面に奥行きをもたらす効果がありますが、本作は長い割にはその効果があまり見られません。 

また、最大の注目であるホテルが「キューブリック版の再現」だけに留まっていること。これがもう、同窓会映画の域を出てないんですわ。まるでファン主催の聖地巡礼ツアー&コスプレ大会のようです。 「わーお!237号室に、血を吹くエレベーターだ〜!」「双子ちゃんだー!本物そっくりー!」てな具合に。 

名作の「再現」なんてのはお金と技術さえありゃあファンでもできるんですよ。映画づくりのプロに対しては過去作の再現ではなく、それを超えるものを求めているのです。 ここ数年、往年の名キャラクターをCGで再現してファンを喜ばすだけの映画が多い気がします。 僕は「再現」だけで喜ぶような安い男ではないぞ!と、この場を借りて宣言させてくだせえ。

僕の評価

3点/10点

タイレンジャー
タイレンジャー

結局は「同窓会映画」の手法への依存度が高かったのが残念。

どうでも雑感

・幼少期のトラウマを克服できないまま大人になってしまったダニーがいかに自立し、過去と決別していくかが話のメインだと思うのですが、僕はあの結末には納得がいっていません。家族への想いは分かるのですが、だとしたら家族の分まで力強く生きて欲しかったなと思うのです。

鑑賞方法

『ドクター・スリープ』は下記のVOD(ビデオ・オン・デマンド)にて配信中です。

・U-NEXT |31日間無料トライアルキャンペーン実施中

U-NEXT

・TSUTAYA TV |30日間無料お試し期間実施中

※本ページの情報は2020年11月時点のものです。最新の配信・レンタルの状況は各サイトにてご確認ください。

スティーヴン・キング原作

0

コメント