『ゴーストランドの惨劇』いい不快っぷり。夢見る少女じゃいられない

映画『ゴーストランドの惨劇』の一場面 ホラー
(C)2017 - 5656 FILMS - INCIDENT PRODUCTIONS - MARS FILMS - LOGICAL PICTURES
この記事は約4分で読めます。

不快指数の高い内容のホラー映画なのに、最後はちょっとホロリと感動できてしまうという離れ業をやってのけた映画です。

この映画、脚本に工夫があって「おお~!」と思わせるものがありますね。あまり予備知識を入れずに観て良かったです。

タイレンジャー
タイレンジャー

主人公がホラー小説を愛読するネクラ少女というのが、オタク的には他人事とは思えず、感情移入。

作品概要

2018年製作/91分/R15+/フランス・カナダ合作
原題:Incident in a Ghostland
配給:アルバトロス・フィルム
監督・脚本:パスカル・ロジェ
撮影:ダニー・ノワック
音楽:トッド・ブライアントン
出演:クリスタル・リード/アナスタシア・フィリップス/テイラー・ヒックソン/ロブ・アーチャー/ミレーヌ・ファルメール/エミリア・ジョーンズ ほか

「マーターズ」の鬼才パスカル・ロジェが6年ぶりにメガホンをとり、絶望的な惨劇に巻き込まれた姉妹の運命を、全編に伏線と罠を張り巡らせながら描いたホラー。人里離れた叔母の家を相続し、そこへ移り住むことになったシングルマザーのポリーンと双子の娘。奔放で現代的な姉ベラとラブクラフトを崇拝する内向的な妹ベスは、双子でありながら正反対の性格だった。新居へ越してきた日の夜、2人の暴漢が家に押し入ってくる。母は娘たちを守るため必死に反撃し、姉妹の目の前で暴漢たちをメッタ刺しにしてしまう。事件から16年後、ベスは小説家として成功したが、ベラは精神を病んで現在もあの家で母と暮らしていた。久々に実家に帰って来たベスに対し、地下室に閉じこもるベラは衝撃の言葉をつぶやく。出演はテレビドラマ「ティーン・ウルフ」のクリスタル・リード、「ブリムストーン」のエミリア・ジョーンズ。

映画.comより)

予告編

不条理な暴力と恐怖と痛みでトラウマ必至!ホラー映画『ゴーストランドの惨劇』予告編

感想・考察(ネタバレなし)


いやはや…これはなかなか…いい不快っぷりですねぇ。

本作は一作目の『エイリアン』にも通ずるレイプホラーですね。半裸の女性を襲うのが男根のような姿形をした化け物、というのがエイリアンの潜在的なレイプ映画たる所以ですが、あれに似た生理的嫌悪感が本作では濃厚に現れています。まぁ、本作の場合は潜在的ではなく、そのまんまレイプ映画ですけどね。

また、本作は観る側としても精神的にはキツイ。上映時間はたったの90分ですが、もっと長く感じます。何段階かで絶望に突き落とされる無限地獄のようです。

しかし、本作が絶望レイプ映画というのは表面的なジャンルの話で、本当のテーマは別にあります。それは相川七瀬の代表曲のタイトルを借りれば「夢見る少女じゃいられない」でしょうか。

主人公は双子の妹ベス。幻想ホラー作家のH.P.ラヴクラフトを崇拝し、自作の恐怖小説を家族に読み聞かせるという根暗な美少女。

「そんな美少女いねーよ!」と野次を入れたくなりますが、同じく日陰を過ごした低カーストのオタク(僕)としては全力で応援せずにはいられないキャラクターなのです。

そうそう、おじさんだってねぇ、君と同じくらいの年代の頃はスティーヴン・キングとかをよく読んでいたんだよぉ。
そうか、君はホラー小説家になりたいのか。自立心が強いんだねぇ。おじさんが子供の頃に住んでいたのは退屈な田舎でねぇ、それが嫌で嫌で早く大人になりたいと毎日夢を見ていたもんだよ。おじさんの夢は映画を作ることだったんだ。君も大きな夢を抱きなさい。

…てな感じで、気づいたら姪っ子に語りかけるような目線で観ていた僕でした。

このベスちゃんが「夢見がち」であるという点が本作の重要な要素でして、鮮やかな展開の起点になっています。オタクはだいたい夢見がちですしねぇ。

でもそんなオタクが「夢見ること」から「現実と闘うこと」に意識が切り替わることを本作は描いているように思えるのです。

ベスちゃん、頑張れ…!厳しい現実から逃げずに立ち向かうのだ…!
そんな「地に足をつける」ための通過儀礼としては、本作の出来事(惨劇)はあまりにドギツイものがあります。ベスちゃんと姉は家に侵入してきた暴漢魔によって性的暴行の危機に晒されてしまうのですから。

しかしどうでしょう、単にオタクを甘やかすだけの映画よりも遥かに意義深いのが本作でもあるのです。オタクを温室から引きずり出し、奮起を促し、戦場に送り出す劇薬ような映画ですね。
そんなスパルタっぷりも愛ゆえにです。陰キャへの厳しめの応援歌なのですね。

僕の評価

7点/10点

タイレンジャー
タイレンジャー

作り手のメッセージが明確に伝わる内容になっていてイイですね~。

どうでも雑感

・嫌ーな気持ちになる映画ですが、オススメです。と言うのも、ただ嫌なだけでなく、やっぱり愛があるからなんですね。そこに目を向けられるか、途中でギブアップするかで評価が分かれそうな気がします。

鑑賞方法

『ゴーストランドの惨劇』は下記のVOD(ビデオ・オン・デマンド)にて配信中です。

・U-NEXT |31日間無料トライアルキャンペーン実施中

U-NEXT

・TSUTAYA TV |30日間無料お試し期間実施中

※本ページの情報は2020年11月時点のものです。最新の配信・レンタルの状況は各サイトにてご確認ください。

+1

コメント