『オール・ユー・ニード・イズ・キル』武闘派エミリー・ブラントにシゴかれたい

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の一場面 SF
(C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BMI)LIMITED
この記事は約4分で読めます。

好きな女優はけっこう多いんですけど、そんな中でもオットコマエ枠の女優でかなり上位にくるのがエミリー・ブラントです。

そんなエミリー=男前、なイメージが定着したのが本作ですね。

タイレンジャー
タイレンジャー

時代劇風に言えば「良い面構えをしておる・・・」という感じです。

作品概要

2014年製作/113分/G/アメリカ
原題:Edge of Tomorrow
配給:ワーナー・ブラザース映画
監督:ダグ・リーマン
原作:桜坂洋
脚本:クリストファー・マッカリー/ジェズ・バターワース/ジョン=ヘンリー・バターワース
撮影:ディオン・ビーブ
音楽:クリストフ・ベック
出演:トム・クルーズ/エミリー・ブラント/ブレンダン・グリーソン/ビル・パクストン/ジョナス・アームストロング/トニー・ウェイ ほか

桜坂洋のSFライトノベル「All You Need Is Kill」(集英社スーパーダッシュ文庫刊)を、トム・クルーズ主演でハリウッド実写化。「ギタイ」と呼ばれる謎の侵略者と人類の戦いが続く近未来を舞台に、同じ時間を何度も繰り返すはめになった兵士が、幾度もの死を経験し、成長していく姿を描く。戦闘に対して逃げ腰な軍の広報担当官ウィリアム・ケイジ少佐は、戦闘経験が全くないにもかかわらず最前線に送り込まれてしまい、あえなく戦死。しかし、死んだはずのケイジが意識を取り戻すと、周囲の時間は戦闘が始まる前に戻っていた。再び戦死するとまた同じ時間に巻き戻り、不可解なタイムループから抜け出せなくなったケイジは、同様にタイムループの経験を持つ軍最強の女性兵士リタ・ヴラタスキに訓練を施され、次第に戦士として成長していく。戦いと死を何度も繰り返し、経験を積んで戦闘技術を磨きあげていくケイジは、やがてギタイを滅ぼす方法の糸口をつかみはじめる。リタ役でエミリー・ブラントが共演。監督は「ボーン・アイデンティティー」「Mr.&Mrs.スミス」のダグ・リーマン。

映画.comより)

予告編

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』本予告【HD】 2014年7月4日公開

感想・考察(ネタバレなし)


エミリー・ブラントが好きだ。 

中でも武闘派キャラを演じる時の彼女がたまらなく好きです。武器を持った時のピリッとした面構えがイイのです。 

最初に印象に残ったのはブルース・ウィリス主演『ルーパー』の時で、銃を構える猛々しい姿と恋愛モードになった時のギャップに「おおっ!?」となり、 

続く本作での「戦場の牝犬」ことヴラタスキ軍曹の役は武闘派エミリーの決定打となりました。 

イケメン! 

マッチョ!(この背面を反らす姿に惚れた) 

筋肉自慢! 

き…斬られたいッ!! 

割れたアゴも男前! 

トム・クルーズが戦闘訓練でエミリー軍曹にビシバシしごかれるシーンがあって、羨ましかったなぁ。 僕は特別にMという訳ではありませんが、 

エミリー軍曹のシゴキを受けて

エミリー軍曹によるトドメの一撃で絶命

生き返って、またシゴキ の無限ループ

って…お好きな人には堪らんでしょうなぁ。 

『ボーダーライン』もまた銃器を構えるエミリーの絵面が非常にサマになっており、眼福でしたわぁ。 

 勇ましいエミリーが大苦戦し、弱さを見せるのまたポイントです。 

さらに『クワイエット・プレイス』ではエミリーの旦那が監督しているだけあって、最後はエミリーが散弾銃をジャッジャッと装填してドヤ顔を決めるところで締めくくるという粋なサービス!

これには劇場で鑑賞した僕も思わず… 

席から立ち上がって「エミリー!!」と叫んだものです。(庄司の「ミキティー!」風に) 

まぁ、ウソですけどね。 

ジョン・クラシンスキー監督はさすが愛妻家。エミリーの魅力をよく分かってますねぇ。 

話をまとめると、エミリーは武闘派イケメン美人です。一見、男からすると近寄りがたい雰囲気なのですが、意外と恋愛に流される脇の甘さを時おり見せる(役柄)ギャップがたまりません。 99回は殺されても、1回はチューできるかもしれん。武闘派エミリーに対するそんな淡すぎる希望を抱かせてくれるのが本作です。 

僕の評価

5点/10点

タイレンジャー
タイレンジャー

でも本作は映画としては今一つですね。タイムループ設定は面白いものの、敵にあたるエイリアンに魅力がないのが残念。

どうでも雑感

・本作は意中の子を口説き落とすまで何度も死んでは甦り続ける一種の恋愛ゲームみたいに見えてくるから不思議です。もちろん、エミリー軍曹を口説き落とそう、という設定です。

・パワードスーツの歩兵とエイリアンの戦争という点では『スターシップ・トゥルーパーズ』感も強い作品でしたね。

鑑賞方法

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は下記のVOD(ビデオ・オン・デマンド)にて配信中です。

・U-NEXT |31日間無料トライアルキャンペーン実施中

U-NEXT

※本ページの情報は2020年11月時点のものです。最新の配信・レンタルの状況は各サイトにてご確認ください。

シリーズ「武闘派エミリー」

0

コメント