『バンブルビー』感想:映画のキャッチコピー「守ってあげたい」がやたら多い説

映画『バンブルビー』の一場面 SF
(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.
この記事は約4分で読めます。

『トランスフォーマー』シリーズの黄色いロボット、バンブルビーをメインにしたスピンオフ作品。

火薬たっぷりのマイケル・ベイ作品とは違って、本作は少女とロボットの心の交流をメインにしたファミリー向け映画になっとりますー。

これはこれで良さそうな方向転換に思えますが・・・?

タイレンジャー
タイレンジャー

否めないのは既視感。

作品概要

原題:Bumblebee
2018年/アメリカ/114分
監督:トラヴィス・ナイト
脚本:クリスティーナ・ホドソン/ケリー・フレモン・クレイグ
撮影:エンリケ・シャディアック
音楽:ダリオ・マリアネッリ
出演:ヘイリー・スタインフェルド/ジョン・シナ/ホルヘ・レンデボルグ・Jr./ジェイソン・ドラッカー ほか

大ヒットSFアクション「トランスフォーマー」シリーズの人気キャラクター、バンブルビーを主役に、シリーズの始まりを明らかにする物語。シリーズ1作目の主人公サムとバンブルビーが出会う以前の1980年代を舞台に、バンブルビーと人間の少女チャーリーの交流と友情、彼らに待ち受ける予想外の運命を描く。父親を亡くした悲しみから立ち直れずにいる少女チャーリーは、18歳の誕生日に小さな廃品置き場で廃車寸前の黄色い車を見つける。すると突然、その車が人型の生命体へと変形。驚くチャーリーを前に逃げ惑う生命体は、記憶と声を失って何かに怯えていた。チャーリーは生命体を「バンブルビー(黄色い蜂)」と名づけ、匿うことにするが……。アカデミー賞にノミネートされたアニメーション映画「KUBO クボ 二本の弦の秘密」で知られるトラビス・ナイト監督が、自身初の実写映画監督として手がけ、「トランスフォーマー」シリーズでは初めてマイケル・ベイ以外の監督がメガホンをとった。少女チャーリーを演じるのは、女優・歌手として人気を集めるヘイリー・スタインフェルド。

映画.comより)

予告編

『バンブルビー』2019年7月24日 リリース

感想・考察(ネタバレなし)

見どころはバンブルビーが幼く、仔犬のように可愛らしい点。従来のシリーズと比べるとかなりの路線変更でしょうか。

ちゃんとロボット同士の激しいアクションもあり、全体的にバランスが取れていて、誰が観ても楽しめる映画に無難に仕上がってますね。ギャグも多めだったので、カンボジア人客もよく笑っていて満足度が高そうな雰囲気でしたー。

しっかし、新鮮味は全然ありませんよ。

少年少女とロボットの心の交流と言えば『ベイマックス』だし、幼い戦闘ロボットってのは『チャッピー』だし、さらに言えば、『ターミネーター2』や『ドラえもん』の系譜なのは明らか。

舞台が80年代という設定も含めて、様々な過去作のパターンの流用で成り立っているのは否めないところ。

ま、そういうネタ切れ事情を気にしなければ、無難に楽しめます。

ヘイリー・スタインフェルドちゃんの熱演も、作品のエモーショナルな部分に多大な貢献をしているのは見逃せないポイントですな。

で、気になったのが日本版のキャッチコピー。

「何があっても あなたを守る。」

映画における日本版のキャッチコピーってこういう「守りたい」系統のもの、多くね?と。

あなたの心とカラダを守ります

(『ベイマックス』より)

守りたい

(『ダニー・ザ・ドッグ』より)

守りたい。

(『マイ・ボディガード』より)

娘を守りたい…

(『カリフォルニア・ダウン』より)

愛する家族を守りたい。

(『ホテル・ルワンダ』より)

絶対に守る。

(『ターミネーター 新起動(ジェニシス)』より)

初めて誰かを守りたかった。

(『アーロと少年』より)

そして元祖はこれですかね?

守ってこのやりたい
少年、この美しき女。

(『刑事ジョン・ブック 目撃者』より)

ふー。

日本人はどれだけ守られたいのよ?

「守る」をキーワードに入れれば、女性客にウケるという安易な考えが見え隠れしているような…。

僕の評価

6点/10点

タイレンジャー
タイレンジャー

うーん。方向性はいいけど、全体的に無難の一言。

どうでも雑感

・ほんの少し登場するオプティマスプライムのデザインが角ばっていて日本のアニメ版コンボイっぽい風貌だったのは嬉しかったですね。

鑑賞方法

『バンブルビー』はU-NEXTで鑑賞できます。31日間無料トライアルキャンペーンがあるのでぜひ。
本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

U-NEXT

トラヴィス・ナイト監督作品

0

コメント