『危険なプロット』感想・考察:下世話な話あるけど、興味ある?

映画『危険なプロット』の一場面 サスペンス
(C)2012 Mandarin Cinema - Mars Films - France 2 Cinema ‒ Foz
この記事は約6分で読めます。

本作はエロ描写は控えめですが、他人の家を覗き見るという行為そのものや、男子生徒が書く文章にエロスが溢れていました。それがまた刺激的で面白かったですー!

タイレンジャー
タイレンジャー

ざっくり言うと、フランソワ・オゾン監督と観客の関係性についての映画でもあります。

作品概要

原題:Dans la maison / In the House
2012年/フランス/105分
監督:フランソワ・オゾン
原作:アン・マヨルガ
脚本:フランソワ・オゾン
撮影:ジェローム・アルメラ
音楽:フィリップ・ロンビ
出演:ファブリス・ルキーニ/エルンスト・ウンハウワー/クリスティン・スコット・トーマス/エマニュエル・セニエ ほか

フランソワ・オゾン監督が、文才あふれる少年と彼に翻弄される国語教師が繰り広げる心理戦を描いた作品。かつて作家を目指していた高校教師ジェルマンは、生徒たちの作文を採点している最中、男子生徒クロードが書いた文章に目を留める。それは、あるクラスメイトとその家族を皮肉につづったものだった。クロードの感情あふれる文章に危うさを感じながらも、その才能にひきつけられたジェルマンは、クロードに小説の書き方を指導していくが……。

映画.comより)

予告編

映画「危険なプロット」予告

感想・考察(ネタバレなし)


フランソワ・オゾン監督作はこれまで『スイミングプール』と『17歳』しか観てなかった。

↑露骨ににエロ目的な2本だな、おい。

すんません。

で、本作も観た上で思ったのだけど、オゾンの映画は観客をゴシップ好きなオバサン化させてしまう効力がありますね。

一言で言うと、僕が大好きな「下世話な話」だということです。

週刊誌を読んでは「あら、やだ~」とか言いながらも、ページをめくる手が止まらない!みたいな。

「こんな下品な本、忌々しい!」なんて言いながらも、隠れて読み耽る、みたいな。

本当は誰もが興味があるクセに、人前で話題にするのは憚れる、そんな題材が多い気がします。オゾン映画は。

本作はそんな「下世話な話を提供するオゾン」と「怪訝な顔をしながらも引き込まれていく観客」の構図をそのまま分かりやすく登場人物に置き換えた話なんですよね。

刺激的な作品を作り出す男子生徒=フランソワ・オゾン

行き過ぎた作風を咎めながらも魅力される教師=観客

ですね。

だから、「下世話な話あるけど、興味ある?」というオゾンと「もっと下世話な話をくれ!」という観客の共犯関係についての映画なのだと僕は勝手に解釈しとりますー。

『スイミング・プール』と『17歳』では観客は傍観者の立場で良かったのですが、本作では完全に共犯者扱いです。物語に対する意識が他人事じゃないんですよね。そういう意味でもサスペンス度が高い。

「イケナイと知っていながらも、のめり込んで来たんだから、お前も共犯じゃー!」とオゾンに言われているような。でも、それがまた快感だという。

そんなオゾンと観客の構図が分かりやすいこともあって、本作はかなりとっつきやすい映画のような気がします。エロ描写もほとんど無いし。そう、題材の割には微エロくらいです。

とりあえず、「中流家庭の女の匂い」という言葉(作品中より引用) に興味をそそられた人はどうぞご覧くだせえ。

僕の評価

8点/10点

タイレンジャー
タイレンジャー

話の運び方が荒っぽい部分はあるものの、観ている間はマジで面白いです!

どうでも雑感

・クリスティン・スコット・トーマスは英国人ですが、フランス語が堪能ということで、今回、フランス人の役で台詞はすべてフランス語で演じてます。すげーな。

鑑賞方法

『危険なプロット』はU-NEXTで鑑賞できます。31日間無料トライアルキャンペーンがあるのでぜひ。
本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

U-NEXT
0

コメント