『灼熱の魂』【感想・考察】驚愕の真相!親を知ることが、大人になるということ

映画『灼熱の魂』の一場面 ドラマ
この記事は約4分で読めます。

絶句!ヘヴィー級のパンチをゆっくりじわじわ食らったような感覚です。
淡々と静かな映画ですが、実はもの凄い真相を突き付けてくる映画でしたね。
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の「距離感を保った」演出が功を奏しています。

タイレンジャー
タイレンジャー

事実を明かし、赦し、共に生きていく。

作品概要

原題:Incendies
2010年/カナダ、フランス/131分
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
原作:ワジディ・ムアワッド
脚本:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
撮影:アンドレ・トゥルパン
音楽:グレゴワール・エッツェル
出演:ルブナ・アザバル/メリッサ・デゾルモ=プーラン/マキシム・ゴーデット/レミー・ジラール ほか

レバノン出身のカナダ人劇作家ワジディ・ムアワッドの戯曲を映画化し、第83回米アカデミー外国語映画賞にノミネートされたヒューマンミステリー。心を閉ざして生きてきた中東系カナダ人女性ナワルは、ある日、実の子で双子のジャンヌとシモンに謎めいた遺言と2通の手紙を残してこの世を去る。手紙はジャンヌとシモンが知らされていなかった兄と父に宛てたもので、まだ見ぬ家族を探すためナワルの母国を訪れたジャンヌとシモンは、母の痛切な過去と向き合うことになる。

(映画.comより)

予告編

映画『灼熱の魂』予告編

感想・考察(ネタバレなし)

自分の親を知ることが、大人になるということ

「私の家族って、どんな人だったの?」というパターンの話。

現在と過去が交差し、今は亡き家族の知られざる過去が明らかになる。正直、これはよくある物語の形式だ。『永遠の0』とかね。しかしながら、本作はそういうパターン化された物語の中でも、かなり完成度が高い部類だと思う。

冒頭、かなり引き込まれる映像から始まる。殺伐とした風景の中、武装した兵士たちによってバリカンで髪の毛を刈られる少年たち。台詞は無いが、画面は力強い。

音楽がまた微妙にミスマッチなのだけど、その僅かなミスマッチ感が逆に抜群の効果を生んでいて、忘れられないシーンとなった。この不思議に心に引っかかる音楽は何だ?と調べてみると、げっ!僕が大嫌いなレディオヘッドではないか。嫌いな音楽を魅力的に聴かせるこの映画はただ事ではない。
見事な導入を見せた本作は全編に渡って撮影が素晴らしく、印象的な画が多い。

雰囲気は淡々としているので前半は眠いけど、重い展開が続く後半は目が離せなくなってくる。また、同時進行する過去と現在の接点が徐々に大きく、明確になっていく。

若者が家族の過去を知るというパターンの物語が多いのは「子どもが大人になるための通過儀礼」の意味合いが含まれているからだと思う。それは万国共通、誰でもそういう道を通るからだ。
その点を踏まえると、本作の若者2人が知る事実(結末)は通過儀礼と言うにはあまりにも重い。

もちろん、知らない方が良いこともある。本作の事実は知らされる主人公たちにとっては受け入れがたい内容だ。それでも事実を明かし、赦し、共に生きていくことを訴えた亡き者の主張こそが、本作のテーマでもある。

不勉強な僕は物語の背景にあるレバノン内戦のことは何も知らなかった。でも、ここで描かれること、テーマはもっと普遍的なものなので、ぜひ多くの方に観て欲しい。

映画『灼熱の魂』の一場面

(映画.comより)

ドゥニ・ヴィルヌーヴの距離感

さて、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の映画は他に『プリズナーズ』『ボーダーライン』『メッセージ』を観てきたけど、一貫してシリアスな題材と雰囲気のものばかりだ。ちょっとマジメすぎるんじゃないの?ってくらいに。

彼の作品群に共通して気になるのは、登場人物に対する作り手(監督)の心の距離が少し遠いような印象があること。上手く言えないのだけど、監督が一歩引いた目線で物語を見つめている感じがするのだ。演出もクールな印象だけど、監督自身の感情が今ひとつ入り込んでないようにも見えてしまう。それが彼の作風なのだろうけど、僕としては少々物足りなく感じる点でもある。

言い換えると、感情的になりすぎない程よい冷淡さ、とでも言いましょうかね。ただ、本作に関してはこの距離感がちょうど良かったように思えます。あまりにヘヴィーな結末なので、あまり感情的になりすぎても余計辛いからね、と。

(画像は映画.comより引用)

僕の評価

8点/10点

タイレンジャー
タイレンジャー

親については知りたくないこともありますよ。でもそれを真正面から受け止めることが、自分自身を向き合うことにも繋がるんですよね。

どうでも雑感

・主人公姉弟がプールで勢い任せにバシャバシャと泳ぐ場面がありますけど、何か変な雰囲気ですよね?お互い無言で見つめ合ったりして。。。何か暗示的な意味合いがあるんでしょーか?

鑑賞方法

2020年10月時点で『灼熱の魂』は動画配信されておりません。
DMM.comの宅配DVDレンタルにて鑑賞をすることができます。初月は無料です!

+2

コメント