『パシフィック・リム アップライジング』感想:不評?やっすい焼肉バイキングと思えば楽しいぞ!

映画『パシフィック・リム アップライジング』の一場面 SF
© 2018 - Universal Pictures
この記事は約5分で読めます。

前作が愛された反面、本作はえらい不評ですね。まぁ本作の至らなさというのも分かるんですが、僕はアタマ空っぽで楽しむことができました。味はそこそこでも、満腹感が残ります。

タイレンジャー
タイレンジャー

子どもの頃に連れていかれた安い焼肉バイキングを思い出しましょう。

作品概要

原題:Pacific Rim: Uprising
2018年/アメリカ/111分
監督:スティーブン・S・デナイト
脚本:エミリー・カーマイケル/スティーブン・S・デナイト/T・S・ノーリン/キラ・スナイダー
撮影:ダン・ミンデル
音楽:ローン・バルフェ
出演:ジョン・ボヤーガ/スコット・イーストウッド/カイリー・スパイ二ー/菊地凛子/チャーリー・デイ/ジン・ティエン ほか

人が乗り込み操縦する巨大ロボットのイェーガーと「KAIJU」と呼ばれる巨大モンスターの戦いを描いて話題となったSFアクション大作「パシフィック・リム」の続編。前作を手がけたギレルモ・デル・トロは製作にまわり、テレビシリーズ「Marvel デアデビル」などで知られるスティーブン・S・デナイトが長編映画初監督を務めた。前作でイドリス・エルバが演じたスタッカーの息子ジェイクが新たな主人公となり、前作から10年後、平穏が訪れたと思われた地球に再びKAIJUが現れたことをきっかけに、新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロットたちの戦いを描いた。ジェイク役は「スター・ウォーズ フォースの覚醒」で一躍世界的に知られる存在となったジョン・ボイエガ。共演にスコット・イーストウッド、ジン・ティエン、前作から続投のチャーリー・デイ、菊地凛子ら。日本からは菊地のほか、新田真剣佑がパイロット訓練生のひとりとして登場する。自らの命と引き換えに人類を救った英雄スタッカーを父に持つジェイクは、父とは別の道を歩んでいたが、KAIJUに復讐心を燃やす少女アマーラと出会ったことをきっかけに、義姉である森マコと再会。マコの説得により、一度は辞めたイェーガーのパイロットに復帰することになるが……。

(映画.comより)

予告編

『パシフィック・リム:アップライジング』日本版本予告

感想・考察(ネタバレなし)

そもそも細かいことを指摘するような映画ではない

前作の『パシフィック・リム』は冒頭のジプシー・デンジャー出撃のシーンから鼻血ブーの大傑作で、個人的にも2013年のベスト1。デルトロには感謝状を贈りたいくらい。 

もちろん今回の続編も楽しみではあったけど、レジェンダリー・ピクチャーズが中国企業に買収されたり、監督が交代したり、ゴツゴツと無骨なデザインが良かったイェーガーがスッキリスリムになっていたりと、不安になる要素ばっかりだったんですね。 期待と不安のハーフハーフで観たのだけど、感想を一言で言うと「大味だけど、満腹」という感じ。子供の頃に家族と行った安い焼肉バイキングみたいな笑。 

 まず、今回の続編の特徴として、物量が売りという点がある。単純に、見せ場となるバトルシーンが多い。登場するイェーガーが多い。更にデカい怪獣が登場。続編の方向性として、前作よりもモノが増し増しになるという分かりやすい例だ。これは焼肉バイキング映画としては正攻法。 

また、マンネリにならないように新メニューもちゃんと入れている。具体的には… 

・イェーガー 対 イェーガー!
・量産型イェーガー!
・バトルシーンはほとんどが画面の明るい昼間! 

飽きられるというのが、焼肉バイキングの宿命だから、こういう変化球は絶対必要。 巨額の製作費を投入した超大作を安い焼肉バイキングに例えるのはどうか、というご意見もありそうだけど、僕にとってはその例えがしっくりくる。 

では、それは褒めてるのか、貶しているのかで言うと、褒めてます!楽しい映画でした。特にラストの東京での大バトルが。 子供にとっては安かろうが高かろうが、焼肉は焼肉。腹一杯になるまで食べられるバイキングであればなおさら嬉しい。肉の質が、味付けがどうこうなんてのは二の次。 

そう。決して美味な映画じゃあないんです。さすがに前作には及ばないけれど、好きなもの(怪獣、巨大ロボ)がいっぱい食べられれば満足っす。 前作は美味だけど、少しだけ量が少ないという感じ?

で、何が美味だったのは何かというと、ロケットパンチ(エルボーロケット)やジプシー出撃シーンのようなキメのシーン。あぁ、そうそう!怪獣を貨物船でブン殴る場面とかもね。これなんですよ。「よっ!」って合いの手を入れたくなるやつ。 が、今回の続編ではそういうキメの要素が少なかった為、内容は派手になっているんだけど、全体を通して観るとメリハリを欠いてやや平坦な印象。味は少し落ちたなぁ。 

 別の例えをすると、前作はAメロ→Bメロと、段階を踏んでサビで大盛り上がりという名曲。緩急が上手い。今回の続編はというと、ほぼサビしかない。良くも悪くも。 ま、そんな感じなので、細かいツッコミは無しで楽しんだ者勝ちな映画。

(画像は映画.comより引用)

僕の評価

7点/10点

タイレンジャー
タイレンジャー

前作の良かった部分は薄れましたが、物量でカバーした感じですね。

どうでも雑感

・登場人物は前作に比べると確実に魅力が足りません。特に主人公は感情移入しづらいことが序盤から明らかだったので、その点はすぐに諦めました。ジョン・ボヤーガの演技も空回り気味(僕イケメン!って感が出ている)。

鑑賞方法

『パシフィック・リム アップライジング』はU-NEXTで鑑賞できます。31日間無料トライアルなのでぜひ。
(2020年10月時点)

0

コメント