2021年:自分らしくあるのが困難だった年

雑談
この記事は約1分で読めます。

久しぶりに映画を観ました。
映画を観るのは半年ぶり。映画館で鑑賞するのは実に1年10か月ぶりです。

前回のブログ更新(『ピアノレッスン』),からもちょうど半年ぶりのブログ更新となりましたが、この間、というか今年はとにかく【自分らしくいられることが困難】な1年でした。

自分に課せられた役割を全うすることに時間と労力を費やしましたねぇ。
それと引き換えに自分自身の時間が保てない日々が続いていました。
よって、映画どころではない、という1年です。

時間はお金よりも価値のあるものだと思っていますが、義務的なお勤めは自分の時間を犠牲にすることに他ならないと痛感する日々でした。

もっと自分のための時間も(家族との時間も)多く割かねば。
映画を観るくらいの余裕も欲しい。

そんな思いをしばらく抱きつつ、今回、映画館に足を運んだ次第です。
カンボジアの新型コロナウイルスもすっかり沈静化しており、シェムリアップの映画館も本当に久しぶりに営業再開となりました。

来年は初心に還って、自分の好きな道、得意な道を優先したいですね。

皆さんのブログを覗きに行く余裕はまだありませんが、ひとまずの近況報告にて。
ブログのリハビリ開始の意味も込めて。

コメント

  1. キャン より:

    前記事に引き続きお邪魔します。
    なんにせよ近況が聞けて良かったです。
    映画見る暇がないくらい忙しいというのは、なかなか大変なことですね…。
    心身の健康第一で、自分を少しは甘やかしていきましょう!

    なんかコロナは、年末年始にかけて急激に猛威をふるい始めました。
    オミクロンって何だよっていう…。
    いい加減、なんの気兼ねもなくあれこれ楽しめるようになって欲しいですよね。