『クリード 炎の宿敵』感想:観たかったのは『クリード2』よりも『ドラゴ』

映画『クリード 炎の宿敵』の一場面 アクション
(C)2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
この記事は約5分で読めます。

え~、てっきりドルフ・ラングレンが主人公なのだと思ってました~。

(半分マジ)

あのドラゴのその後を描くなんて、素晴らしいアイディアだなと思いましたが、やはりドラゴはメインではないから、結局は「対戦相手」でしかない、という点が個人的には不満でした。

タイレンジャー
タイレンジャー

いやもう、ドラゴを主人公にしましょうよ!という話をします。

作品概要

原題:Creed II
2018年/アメリカ/130分
監督:スティーブン・ケイプル・Jr.
脚本:シルヴェスター・スタローン/ジュエル・テイラー
撮影:クレイマー・モーゲンソー
音楽:ルドウィグ・ゴランソン
出演:マイケル・B・ジョーダン/シルヴェスター・スタローン/テッサ・トンプソン/ドルフ・ラングレン/フロリアン・ムンテアヌ ほか

「ロッキー」シリーズを新たな主人公アドニスの物語として復活させ、世界中で好評を博した「クリード チャンプを継ぐ男」の続編。「ロッキー4 炎の友情」で、アドニスの父であり、ロッキーの盟友だったアポロ・クリードを葬ったイワン・ドラコの息子ヴィクターが登場し、アドニスが因縁の対決に挑む姿を描く。ロッキーの指導の下、世界チャンピオンに上り詰めたアドニスは、かつて父アポロの命を奪ったイワン・ドラゴの息子ヴィクターと対戦することになる。ヴィクターの反則行為により試合には勝利したものの、納得のいく勝利を飾ることができなかったアドニスは、心身ともに不調に陥ってしまう。やがて婚約者のビアンカが出産して父親になったアドニスは、ロッキーから父親という存在の大切さを諭され、しばらく一線から遠のくことに。しかし、「ボクシングこそが自分そのもの」と気づいたアドニスは、ヴィクターとの再戦を決意する。前作から続いてアドニス役をマイケル・B・ジョーダン、ロッキー役をシルベスター・スタローンが演じ、スタローンは脚本も担当。「ロッキー4」でイワン・ドラコを演じたドルフ・ラングレンも同役で出演。監督は新鋭スティーブン・ケイプル・Jr.が務めた。

映画.comより)

予告編

映画『クリード 炎の宿敵』本予告【HD】2019年1月11日(金)公開

感想・考察(ネタバレなし)


そう!本作の最大の見どころはイワン・ドラゴ(ラングレン)のシリーズ復帰ですよ!

30年前のモスクワ、ソ連の威信をかけた一戦でロッキーに敗れたドラゴ。国の英雄だったはずが、周囲は手のひら返しで、ドラゴは全てを失ってしまう…。妻さえも…。

祖国にいられなくなったドラゴはウクライナで息子のヴィクトル・ドラゴ(フロリアン・ムンテアヌ)と二人三脚、息子が世界チャンピオンになる日を夢見ていた…。社会の底辺の中で…。

この「その後のドラゴ」が本作の1つの軸になってるんだけど、この話を聞いただけで、思わず「ドラゴ~!と男泣きですわ。

ただ、そんな素晴らしい素材があるだけに、ドラゴが主人公でないというのが勿体ないし、不満と言えば不満でして…。

もちろん主人公はアドニス・クリード。世界チャンピオンになって富も名声も幸せな家庭も手に入れたアドニスと、ボクシングしかないハングリーなドラゴ親子の対比が描かれる。

追われる立場、責任ある立場になったアドニスの苦悩は分かるのだけど、30年間も虎視眈々と復讐の機会を狙っていたドラゴ親子の方に肩入れしたくなってしまうんですな。

たった一度の敗戦で30年間苦汁を味わい続けた男の再起…

スターの苦悩よりも、やっぱりこっちの方が観たいんですよ。

アドニスとロッキーのドラマは前作ほどの密度が無いだけに、余計にドラゴ親子の方が物語として魅力的に感じられる。

だからこそ、本作は『クリード2』ではなく、

『ドラゴ』であってほしかった。

となるとスピンオフ的な作品になるだろうけど、1976年の『ロッキー』から数えて8作目にもなるのだから、そういう大胆な変化球もそろそろ必要だろうと思う。

僕がこう思うのにはもう1つの理由がありまして、本作は話が予定調和すぎるんですわな。

もう、本当に予想通りのことしか起きないんですよ。

予定調和をいかに楽しむかというのも本作を評価するポイントの1つなのかなーと思ったり。

もちろん、このシリーズはそういう部分も織り込み済みで「結末が分かっていても応援したくなる」ものなんだけど、本作はそれが過ぎるというか。

だったら、もっと大胆にドラゴ親子の物語をメインにしようよ、と僕は思っちゃうんですね。何なら、アドニスが最後に負けてもいいくらい。

全体的には前作よりも少し重めなトーンになっていて、そのせいか話のテンポも重め。

前作で効いていた、控え室から入場して試合開始、そして、ノックアウトまでを1カットで見せるという目の覚めるような演出も本作では足りない。

とまぁ、うだうだ書いてしまったけど、本シリーズが好きだったら一定の満足感は得られるかと思いますー。

ドラゴを主役に!なんて書きましたが、ドラゴのドラマも断片的に描かれています。

本来は彼が登場するだけでも見る価値があるというものでしょう。

ただ、ドラゴが耐え忍んだ30年間はこんなものではないだろう。という気は最後まで拭えなかった。

僕の評価

4点/10点

タイレンジャー
タイレンジャー

ドラゴのスピンオフ作品にしたほうが良かったのでは?

どうでも雑感

・アドニス側の人間ドラマ(苦悩)がすこし平坦だったかなぁという印象です。ドラゴ親子に比べるとどうもドラマ性に乏しいのが残念でした。

鑑賞方法

『クリード 炎の宿敵』はTSUTAYA TVで鑑賞できます。30日間お試し期間があるのでぜひ。
本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況はTSUTAYA TVサイトにて
ご確認ください。

+1

コメント