映画にちなんだレストラン街 in アンコール・ワット

カンボジア料理の画像 雑談
この記事は約2分で読めます。

世界遺産アンコール・ワットの中に「映画にちなんだレストラン街」があると聞いて、実際に行ってきた話。 アンコール・ワットの中に入ったことがある人なら、恐らく視界の片隅に入ったであろうレストラン街。 

木の下に密集しているのがそれ。 

完全にローカルレストランです。 映画にちなんでいるというのは、有名映画のタイトルが勝手に店名として(?)書かれてあるというだけなんだけど。外国人観光客の気を引くための奇策と思われる。 例えば、これ。 

007がコーヒーを淹れてくれるそうです。しかも「殺しの」ならぬ、コーヒーのライセンスで。 

そんなボンド・コーヒーに対抗するのが 

ロッキー・コーヒー!いや、絶対にロッキー要素ないだろ。 ボンドが淹れたコーヒーと、 

 ロッキーが淹れたコーヒー(汗入り)、 

どちらを飲みたいですか?  

そのお隣は胃もたれしそうな豪華店。 

 スパイダーマンハリー・ポッターレディー・ガガ  
… ねぇ、何が?
とりあえず人気者を詰め込んでみた、というてんこ盛り感。 

まだあるぞ! 

これは異色すぎる二本立て。 

ランボーは姉妹店もあるぜ!

米国のラッパー、ネリーと謎のコラボ! 

  これらの店、値段も料理の内容も全て同じ!違いは店名くらいであろう…。  

さて、どの店にする? うーん…  じゃあ、レディ・ランボーで。

 ↓レディ・ランボー全景 

メニューはこちら 

全品一律5ドル。カンボジアの物価とお店の格(失礼)を考慮すると強気の価格である。でも、天下のアンコール・ワットの敷地内、観光地のど真ん中ですから、仕方なし。 店のおばちゃんにオススメを聞いたら、定番のロクラクとのこと。 

 スライス状に切った牛肉を炒め、ライム果汁と黒胡椒のソースをつけて食べる料理。激ウマな黒胡椒はカンボジアの名産だ。 もちろん、映画の要素は無い! 思いのほか居心地が良かったのでコーヒーも注文。こちらのコーヒーは練乳を入れて激甘にするのが一般的。 

ふ〜。アンコール・ワットの中に居ながら贅沢な時間じゃ〜。 

お会計の時に、店のおばちゃんに「ランボーが誰か知っているか」と訊いてみた。 

おばちゃん「知らないわよー」 

ランボーの画像を見せて「この人だよ!」と教えると、 

おばちゃん「あらそー。また食べにおいで!」 

カンボジアは何事にも寛容な国です。 

0

コメント