『わらの犬』(1971) 感想・考察:70年代らしいザラついたセックス&バイオレンスが炸裂!

映画『わらの犬』の一場面 ドラマ
この記事は約5分で読めます。

いや~これはマジ傑作ですね~。個人的にはサム・ペキンパー監督の作品はそこまでハマらなかったのですが、これは完璧にどストライクでした。ポイントは大人になりきれていない弱い人間が主人公だということです。

タイレンジャー
タイレンジャー

僕が好きな要素の数々がブチ込まれた映画なんですよね。

作品概要

原題:Straw Dogs
1971年/アメリカ/115分
監督:サム・ペキンパー
原作:ゴードン・M・ウィリアムス
脚本:サム・ペキンパー/デビッド・ゼラグ・グッドマン
撮影:ジョン・コキロン
音楽:ジェリー・フィールディング
出演:ダスティン・ホフマン/スーザン・ジョージ/ピーター・ボーガン/T・P・マッケンナ ほか

暴力が横行する現代アメリカから平和を求めてイギリスの片田舎に妻とともに逃れてきた若い数学者がたどる宿命を描く。原題のSTRAW DOGS(わらの犬たち)は、中国の思想家老子の語録の中からとった言葉で、超人間的存在である天から見れば、人間の行動は護身のために焼くわらの犬のようにちっぽけな存在にすぎないという意味である。製作はダニエル・メルニック、監督は「砂漠の流れ者」のサム・ペキンパー、ゴードン・M・ウィリアムスのベストセラー小説を、ペキンパーとデビッド・Z・グッドマンが脚色した。撮影はジョン・コキロン、音楽はジェリー・フィールディング、編集はポール・デイビス、ロジャー・スポティスウッド、トニー・ローソンが各々担当。出演は「小さな巨人」のダスティン・ホフマン、「小さな目撃者」のスーザン・ジョージ、同じくピーター・ヴォーン、T・P・マッケンナなど。

(映画.comより)

予告編

STRAW DOGS – Trailer – (1971) – HQ

感想・考察(ネタバレなし)

人として未熟な夫婦

ダスティン・ホフマン演じる数学者はスーザン・ジョージ演じる妻と一緒に英国の田園地帯に引っ越してくるが、町の荒らくれ者たちによって平穏な生活が脅かされる。 

平和主義者、というか単に小心者な主人公は荒らくれ者たちに毅然とした態度を取ることができず、嫁にも愛想を尽かされる。 

調子に乗った荒らくれ者たちの行動はエスカレートしていき、山羊のように大人しかった主人公も遂に暴力で自衛をすることになる、という話。  

と、いうように書くと、いかにも善良な主人公夫婦が被害に遭う話のように聞こえるのだけど、改めて観てみるとこの夫婦は結構な「子供」だ。 

主人公は奥さんだけに対しては上から目線だけど、荒らくれ者たちに対しては強く言えないのが情けない内弁慶タイプ。争いごとを避けるように生きてきた結果、対人能力も培われなかった人なんです。自宅の大工として雇っている荒らくれメンズに「き、君たちはクビだっ!プイッ!」と何とか解雇通告をやってのけるのだけど、去り際に石につまづくのがカッコ悪…。

一方、奥さんはというと、ノーブラにセーターが基本スタイル。 荒らくれ者たちがいる町でそんな格好すな! まぁ、それは意識的にやっているのかもしれませんなぁ。頼りない旦那に愛想をつかして荒くれ者たちにおっぱいをわざと挑発したりもしますから。

このスーザン・ジョージというセクシーな女優さんの魅力もあって、かなり画が持つ。ガッツリ脱ぐだけでなく、長々しい強姦シーンまで演じているので、かなりの体当たり演技だ。 

で、この奥さんは内面はまだ10代のオンナノコのようなもので面倒臭い「かまってちゃん」だ。主人公が自宅で仕事をしている時も「私と仕事、どっちが大事なの〜?」というような事を訊いてくる。 顔が可愛くても、ええ乳でも、内面が子供のままな女とは一緒に住みたくないものだ。『ロリータ』然り、『痴人の愛』然り、ロリ系ワガママ女を甘やかすとロクなことにならない。  

つまり、この夫婦はそれぞれ、人として何かが欠落しているんです。
まだ大人になりきれていない、と言ってもいいかもしれません。

そんな夫婦の間に溝が生じてくる過程がジックリ描かれていて、かなり楽しませてくれる。 暴力やオッパイばかりに目が行きがちだけれど、しっかり「人間が描かれている」あたりが70年代の映画らしくていいね〜。

映画『わらの犬』の一場面

(IMDbより)

窮鼠、猫を食いちぎる


自制心の強い主人公は、蛮族と化した荒くれ者たちの横暴に耐え忍ぶ展開が続きます。

かまってちゃんな妻に対してもガマン!
DQNな荒らくれ者たちに対してもガマン!
無教養で俗物な聖職者に対してもガマン!
自宅の窓が割られて、
ドアをぶっ壊されて、
カーテン燃やされて、
庭で人が殺されて…

彼の中で何かが壊れた!

ずっと抑圧されて虐げられてきた主人公が最後の最後で反撃に出るカタルシスたるや、見事なもんです。 大人としての強度が足りなかった「事なかれ主義」な主人公が形相を変え、鬼神のごとく立ちはだかる姿は壮観!

感情任せに反撃するのではなく、手元にある様々な道具を武器にして冷静に対処するあたりはジェイソン・ボーンばりで、ギャップありすぎ。 
レコードや罠といった伏線の回収の仕方も気持ち良くて好き! 
自宅での攻防戦が終わった後の静けさも好き! 
何よりも、人間の汚い部分をありのままに描くペキンパー節が好き! 

いや〜、僕もこの歳になってようやくペキンパーの良さが分かってきた気がする。 時代はペキンパーだよな。

(画像はIMDbより引用)

僕の評価

9点/10点

タイレンジャー
タイレンジャー

スーザン・ジョージのファンになりました。

どうでも雑感

・サム・ペキンパーの代名詞であるスローモーションは本作でも炸裂していますが、一番衝撃だったのは奥さんが荒くれ者にビンタされる場面のスローモーション!そこでやる?という感じですが、鮮烈な印象が残りました。

・スーザン・ジョージのおっぱいが拝めます。しかもまさかの連続レイプまで・・・。

・ケイト・ボスワース主演のリメイク版があるそうですが、未見です。

鑑賞方法

2020年10月時点で『わらの犬』はアマゾン・プライム、ビデオマーケットで配信されております。
また、DMM.comの宅配DVDレンタルにて鑑賞をすることができます。初月は無料です!

+1

コメント