『サンセット大通り』私はいかにして老メンヘラ女優のヒモ男になったか

映画『サンセット大通り』の一場面 ドラマ
この記事は約5分で読めます。

「史上最高のアメリカ映画100選」とかいう特集があれば必ずと言っていいほど選ばれる正真正銘の名作です。

しっかし、これが何ともゲスいヒモ男の映画であるという語られ方はあまりされてないんじゃないかと思います。「貢ぐ女」と「ヒモ男」という関係がなぜ成立するのか、という普遍的な物語です。

タイレンジャー
タイレンジャー

同時に、「絶対ヒモになるのは無理」とも思わせる映画。

作品概要

1950年製作/110分/G/アメリカ
原題:Sunset Boulevard
監督:ビリー・ワイルダー
脚本:ビリー・ワイルダー/チャールズ・ブラケット/D・M・マーシュマン・Jr
撮影:ジョン・F・サイツ
音楽:フランツ・ワックスマン
出演:グロリア・スワンソン/ウィリアム・ホールデン/エリッヒ・フォン・シュトロハイム/ナンシー・オルソン/フレッド・クラーク/ジャック・ウェッブ/ロイド・ガフヘッダ・ホッパー/バスター・キートン/セシル・B・デミル ほか

 映画の都ハリウッドのサイレント時代と50年代、2つの時代がシンクロする作品。「ハリウッドでハリウッドを描く作品が作りたかった」とビリー・ワイルダーは製作意図を語っている。売れない脚本家ギリスは、無声映画時代の大女優ノーマの家へ迷い込む。華やかな世界への返り咲きを願う彼女は、ギーリに脚本の手直しを頼むが……。ノーマ役のグロリア・スワンソンの緊迫感あふれる演技は秀逸。「クレオパトラ」などの監督として知られるセシル・B・デミルが、本人役で登場している。

映画.comより)

予告編

Sunset Boulevard (1950) Trailer #1 | Movieclips Classic Trailers

感想・考察(ネタバレなし)

そういえば身近に似たようなケースが・・・

ヒモ男(またの名をジゴロ、スケコマシ)と言えば、僕の周辺で忘れられないエピソードがありました。

還暦間近のA子さんは夫と別居してひとりマンション住まいをし、インターネットで知り合った30代後半のB男さんと同居を始めました。

B男さんは精神的な障害を理由に全く働くことなく、かと言って治療するでもなく、2人の生活は全てA子さんのお金で成り立っていました。

しかし、そのお金はA子さんの夫から毎月送られてくる仕送り。別居はしたものの、A子さんが生活に困らないようにと、夫が老体に鞭を打って稼いだお金です。そのお金がヒモ男のB男さんに使われていたとは夫は知らないままでした。

客観的に見ればA子さんはB男さんにいいように寄生されていたわけですが、当のA子さんは貢いでいるという意識はなく、「自分が再び幸せになることを証明したい」がために、B男さんに「投資」しているのだと。

つまり、A子さんの目的は自己実現。そのサクセスストーリーの共演者としてB男さんが雇われた、と見ることができます。

視点を変えれば、「雇用主」を探すヒモ男にとっては格好のカモですな。

お互いの利害関係さえ合えば、女性がどんなに老いても、男性がどんなに落ちぶれてもヒモは成立するもんですねぇ。

映画『サンセット大通り』の一場面

IMDbより)

「貢ぐ人」は実は相手のことを見ていない

そんなことを改めて感じたのが本作です。言わずと知れた米国映画史に残る傑作で、「過去の栄光にすがるハリウッド女優の没落」という切り口で語られることが多いようですが、僕は少し違う視点で楽しませてもらいました。

ヒモ映画として、です。

本作ではよくグロリア・スワンソン演じる元・大女優ノーマの役がクローズアップされますが、主人公はウィリアム・ホールデン演じる脚本家ジョーのほうですから、これはもう純然たる「ヒモが主人公の映画」ですよねぇ。

もちろん不朽の名作です!でもヒモ映画です。

とは言っても、本作はヒモになるためのメソッドを教えてくれるわけではありませんし、そもそもヒモを肯定的に描いてはいません。描かれているのはヒモという存在や関係性の不条理です。

脚本家のジョーは仕事もなく、生活も困窮していて八方塞がりであることが冒頭で描かれており、これかヒモになる背景となります。そして、ジョーは落ちぶれた大女優ノーマの「復活という自己実現」の共演者として「雇用」されます。

しかし、演じるウィリアム・ホールデンは容姿も良くてしっかり物のイメージの役者なので、ダメ男感はでていません。そのせいか、なぜジョーがあんなノーマのヒモ・情夫に成り下がってしまったのかという点がイマイチしっくり来ないのです。

僕だったら絶対ムリですわぁ…。ノーマの相手をするのは…。だから余計にヒモの不条理が引き立つ、という点では狙い通りの配役なのかもしれませんね。

後半にはジョーだけでなく、もう1人タイプの違うヒモが登場するのですが、これがまた…「そういうスタイルのヒモもいるんだ?」という意味で衝撃的でしたね。結局は「共演者として雇用された」という点では同じなんですが。

ヒモに貢ぐ女性というのは、自己実現(幸せになる)というストーリーが目的で、ヒモに貢ぐことがその手段になっているんだなぁと思いました。

つまり、相手の男性にゾッコンになっているように見えて、実は自分のことしか見てないんですよね。

僕の評価

7点/10点

タイレンジャー
タイレンジャー

女性に自己実現の夢を見させてあげる対価として貢いでもらうヒモ・・・。

どうでも雑感

・本作の主人公は嫌々ながらもその立場に甘んじてしまった男ですので、相手の女性と目を合わせずに仏頂面で適当に相槌を打つあたりは非常にリアルでした。僕も嫌いな人とは目を合わせませんから笑。

・ノーマは周りが、自分以外のこと全てが全然見えてないんですよね。僕は正直、ジョーの気持ちはよく分からなかったのですが、案の定、外では若い女の子に手を出してましたね笑。その若い女性か特に美人でもないというのがまたリアルで良かったです。

鑑賞方法

『サンセット大通り』は下記のVOD(ビデオ・オン・デマンド)にて配信中です。

・U-NEXT |31日間無料トライアルキャンペーン実施中

U-NEXT

・TSUTAYA TV |30日間無料お試し期間実施中

※本ページの情報は2020年11月時点のものです。最新の配信・レンタルの状況は各サイトにてご確認ください。

そのほか、おすすめクラシック映画

+1

コメント