『私の知らないわたしの素顔』【年齢詐称セラピー】オバハン、若い男を一本釣り

映画『私の知らないわたしの素顔』の一場面 サスペンス
(C)2018 DIAPHANA FILMS-FRANCE 3 CINEMA-SCOPE PICTURES
この記事は約6分で読めます。

オトコ目線で観たら死にたくなる映画ですよ、これは。

「女の夢は男にとっての悪夢」とはまさにこのこと。女性であっても主人公に共感することは難しいかもしれませんが、映画としては間違いなく良作でした!

タイレンジャー
タイレンジャー

ジュリエット・ビノシュ(56)の濡れ場があります。

作品概要

2019年製作/101分/R15+/フランス
原題:Celle que vous croyez|Who You Think I Am
配給:クレストインターナショナル
監督:サフィ・ネブー
原作:カミーユ・ロランス
脚本:サフィ・ネブー ジュリー・ペール
撮影:ジル・ポルト
音楽:イブラヒム・マルーフ
出演:ジュリエット・ビノシュ/ニコール・ガルシア/フランソワ・シビル/マリー=アンジュ・カスタ/ギョーム・グイ/シャルル・ベルリング ほか

50代の大学教授がSNSの世界でバーチャル恋愛にはまっていく顛末を描いたジュリエット・ビノシュ主演の心理サスペンス。パリの高層マンションに暮らす50代の美しき大学教授クレール。ある日、年下の恋人にフラれてしまったクレールは、ほんの出来心でSNSの世界に足を踏み入れる。Facebookで「24歳のクララ」に成りすましたクレールは、アレックスという男性とつながるが、アレックスは別れた恋人の友人だった。アレックスとSNSの世界にのみ存在するクララが恋に落ちてしまったことから、事態は思わぬ方向に展開していく。主人公のクレール役をビノシュが演じるほか、ニコール・ガルシア、フランソワ・シビル、スーパーモデルとして活躍するマリー=アンジュ・カスタらが顔をそろえる。

映画.comより)

予告編

映画『私の知らないわたしの素顔』予告編

感想・考察(ネタバレなし)

男にとっては「この上なく悪い冗談にして詐欺」

本作の主人公は女性ですが、冒頭に書いたように、相手側の男にとっては絶望でしかありません。

想像してみてください。あなたは28歳の独身男性です。Facebookでたまたま知り合った24歳の女性とチャットで仲良くなります。彼女の画像をチェックするとスカーレット・ヨハンソンばりのセクスィー美女ではありませんか。毎晩、電話でおしゃべりをして、まだ会ってもいないのに互いに愛を語り合い、あなたはすっかり有頂天です。テレフォンセックスにも応じてくれるエロい彼女に期待が膨らみ、「もう我慢できん!」とギンギンの状態で会う約束を取り付けるも、ドタキャンを食らうばかり。彼女に対して疑念を抱くようになりますが、それもそのはず。実は彼女は親子ほども年齢の離れた50代の女性だったのでした。

・・・という話ですね。

僕も20歳くらいの時は有料出会い系サイトでメールした相手が全員サクラだったという苦い思い出があるだけに、これはとても他人事ではありません。そうそう、いつもポイントが底を尽きかけたタイミングで女性側から「会えるのかなぁ?」なんて匂わせメールが届くアレです。でもねぇ、プロフィール画像のセクスィー美女に目がくらんで冷静な判断ができなくなるんですよねぇ。ほんと、若い男の有り余った性欲につけこむ、よくできた詐欺ですわ。

そう、本作の主人公である50代の大学教授クレール(ジュリエット・ビノシュ)がやっていることは、相手の若い男からしたら「この上なく悪い冗談にして詐欺」なのです。

スカヨハみたいな女を期待していたのに、実際会ったらスカヨハとは似ても似つかぬ50代だとして、それを受け入れられる男というのは、よほど相手がいない男か、カネに困ったヒモ気質の男でしょう。

でも、そうではなく、純粋にありのままの自分を愛して欲しいという願望がクレールにはあります。たとえ、年齢も容姿も何もかもがFacebook上のものとは違っていても、相手の若い男には自分の内面を愛して欲しい、と。

女性が何歳になっても美しくありたい、愛されたい、と思うのは当然のことですが、「それはやりすぎでは・・・」と、共感が得られにくいであろうのがこれらのクレールの行動です。狂気をはらんだお花畑思考とも言えるでしょう。で、観客はあくまで他人事のスタンスながらも「さすがおフランスの女はアグレッシブ」とヒヤヒヤしながら観ることになります。

映画『私の知らないわたしの素顔』の一場面

(C)2018 DIAPHANA FILMS-FRANCE 3 CINEMA-SCOPE PICTURES

心の傷を浄化させるセラピー

ここまでを雑に要約すると、オバハンが詐欺をはたらいて若い男の一本釣りを狙うという話になりますが、結果的にこれがオバハンにとってのセラピーにもなっていくというのが本作の面白いところです。

Facebookのやり取りだけで若い男とねんごろな関係になって以降のクレールは明らかに肌ツヤが良くなり、危なっかしいくらいに若者のような言動が増えていきます。まぁ、この辺は「恋する乙女は何よりも美しい」的なベタな展開なのであまり意味がありませんが。

映画としては面白いからいいんですが、クレールという女性は何と自分勝手な人だろうと半ば呆れながら観る人も多いと思います。しかし、これは彼女にとってはセラピーでもある。

終盤に【ある事実】が明らかにされることによって、彼女が若い女を装った理由がストンと理解できるようになります。それは彼女自身が心の傷を浄化したいがゆえの行動であったのです。共感しにくいクレールの行動は何よってもたらされていたのか、ちゃんとオチをつけてくれるので、この脚本はよくできていますね。

本作はクレールとセラピストの女性との対話によって物語が進行していきますが、セラピストが登場する意義というのもちゃんと終盤で描かれます。大半の時間は「単なる聞き手」でしかないのですが、【ある事実】の告白後は、クレールの為に親身に動いてくれますね。患者側であるクレールの椅子に座るのが象徴的です。

また、セラピーが終わろうという時に、クレールが雨の中、ずぶ濡れで佇む描写がありましたが、あれはまさに彼女自身が浄化されたことを意味していますね。

僕の評価

7点/10点

タイレンジャー
タイレンジャー

あまり評判を聞かないけど、良作!オススメです。

どうでも雑感

・若いころは可憐だったジュリエット・ビノシュが「今やすっかり美魔女に」ではないのが本作の凄味でもあります。クレールはお肌のシワがかなり目立つし、知的だけど色気のないオバサンという感じです。リアルな年輪を感じさせる容姿をしており、アンチエイジングへのアンチを体現した女優魂は勇気あるものだろうな~と。

・作風がかなりフランソワ・オゾンっぽい(良い意味で通俗的)ので、そういうのが好きな人は楽しめると思います。

鑑賞方法

『私の知らないわたしの素顔』は下記のVOD(ビデオ・オン・デマンド)にて配信中です。

・U-NEXT |31日間無料トライアルキャンペーン実施中

U-NEXT

・TSUTAYA TV |30日間無料お試し期間実施中

※本ページの情報は2020年12月時点のものです。最新の配信・レンタルの状況は各サイトにてご確認ください。

おフランス女性が肉食な映画

+7

コメント

  1. じんちゅ より:

    なかなか面白そうな映画ですね。

    映画紹介もさることながら、若かりしタイさんが有料出会い系サイトで詐欺られていたのも興味深いです。

    にしても、自分が歳をとったからなのでしょうが、スカーレット・ヨハンソンとジュリエット・ピノシュなら、ピノシュを選択したくなる自分がいます。

    あくまでも、記憶の中の二人を比べているからなのでしょうか。。。

    ピノシュがどれほどのおばはんになってしまったかもわかっていないのでみてみようかなぁ。。。

    0
    • じんちゅさん、連続コメントをありがとうございました!
      本作は派手さには欠けますが面白かったですよ~!
      ジュリエット・ビノシュは若いころは可憐そのものでしたからね。でも本作を観るとさすがに年輪を感じさせるな~と。
      「美魔女」とまではいかない感じなんですよね。役作りでしょうけど。
      アンチエイジングせずに年齢相応に見せているあたりは好感が持てました。
      その代わりこの歳で濡れ場はガッツリ演じているのも役者魂だなと思いますね。

      0
  2. ブー より:

    ブー!!SNSやこういう出会い系のサイトだからこそ、嘘つく人って信用できないですぶーなぁ。。。( ;∀;)ブーの飼い主、30手前になって一回ゼクシィ縁結びに登録した時、奇跡の写真を載せてた人がいましたぶ。会ったら顔も違うけど、100キロ越えはしてるだろう巨漢が来ましたぶ。
    飼い主は1年後くらいに地元に帰って結局同級生と結婚しましたぶーけどマジでこういうの嘘つく人怖いですぶー。。。

    0
    • ブーさん、コメントをありがとうございました!
      と言うか、ブーさんの飼い主さんの赤裸々告白(笑)。
      会う可能性があるのなら、これはやったらアカンやつですよね~。相手をだまし、また相手の時間も奪っているわけですから。
      まぁそれは置いておいて、この映画は面白いですよ。

      飼い主さん、身近な方とご結婚されたとのことで、いいお話を聞けました。

      +1