『リチャード・ジュエル』【配役の妙】ポール・ウォルター・ハウザーを最大限に活かす

映画『リチャード・ジュエル』の一場面 ドラマ
(C)2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
この記事は約5分で読めます。

イーストウッドの監督作品は過大評価の感があって、僕はもともとあまり好きではなかったのですが、本作は素直に良かったと思います。

最も良かったのは配役ですね。「イカレたデブ」ポール・ウォルター・ハウザーが本作で主役に起用された意図について考えてみます。

タイレンジャー
タイレンジャー

しかも、本作はブラックコメディの側面があります。

作品概要

2019年製作/131分/G/アメリカ
原題:Richard Jewell
配給:ワーナー・ブラザース映画
監督:クリント・イーストウッド
脚本:ビリー・レイ
撮影:イブ・ベランジェ
音楽:アルトゥロ・サンドバル
出演:ポール・ウォルター・ハウザー/サム・ロックウェル/オリヴィア・ワイルド/ジョン・ハム/キャシー・ベイツ ほか

「アメリカン・スナイパー」の巨匠クリント・イーストウッドが、1996年のアトランタ爆破テロ事件の真実を描いたサスペンスドラマ。96年、五輪開催中のアトランタで、警備員のリチャード・ジュエルが、公園で不審なバッグを発見する。その中身は、無数の釘が仕込まれたパイプ爆弾だった。多くの人々の命を救い一時は英雄視されるジュエルだったが、その裏でFBIはジュエルを第一容疑者として捜査を開始。それを現地の新聞社とテレビ局が実名報道したことで、ジュエルを取り巻く状況は一転。FBIは徹底的な捜査を行い、メディアによる連日の加熱報道で、ジュエルの人格は全国民の前で貶められていく。そんな状況に異を唱えるべく、ジュエルと旧知の弁護士ブライアントが立ち上がる。ジュエルの母ボビも息子の無実を訴え続けるが……。主人公リチャード・ジュエルを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のポール・ウォルター・ハウザー、母ボビを「ミザリー」のキャシー・ベイツ、弁護士ブライアントを「スリー・ビルボード」のサム・ロックウェルがそれぞれ演じる。

映画.comより)

予告編

映画『リチャード・ジュエル』本予告 2020年1月17日(金)全国ロードショー

感想・考察(ネタバレなし)


「こりゃ1本取られましたな!」と言いたくなる【配役の妙】というものが時々あります。

例えば、マネキンのように容姿端麗すぎて「人間っぽくない」カイル・マクラクランに異星人の役を与えた『ヒドゥン』(1987)がそうです。


このように、その配役が成立した時点で映画の成功が半分決まるような例というのが少ないながらも存在するんですよねぇ。そしてクリント・イーストウッドが監督を務めた本作もまた、その一例に加えるべき作品だと思うのです。

本作はポール・ウォルター・ハウザーという俳優にリチャード・ジュエルの役を演じさせたという点が何よりも大きな成功だと思います。しかも100%確信犯的な配役の意図が伺えます。

爆弾の第一発見者で民間人の避難を誘導した「英雄」である警備員、リチャード・ジュエルはFBIのお粗末な対応によって容疑者に仕立て上げられ、メディアは手のひら返しで彼を糾弾する、というお話ですが、ポイントは怪しまれてしまいそうな要因がリチャード自身にもあったということです。

「警官に憧れる人物ほど自作自演の事件を起こしやすい」パターンに当てはまってしまったこと、正義感ゆえに前職での行き過ぎた言動などなど。展開上、リチャードの無実を知っている観客でさえ「こりゃー疑われるかもしれないよね」と思ってしまうほどです。

同時にマスメディアや一般大衆の心理に潜在的にあるのが「リチャードの見た目が怪しい」という身も蓋もないものであったことも事実だと思いますね。本作の中でも彼の容疑者説を最初に報じた女性記者が「彼は母親と暮らす醜いデブよ」と言い放つことからもそれは明らかです。

警官に憧れるマザコン気味の(世間から認められてないであろう)デブが英雄になりたくて、自分で爆弾を仕込んだのでは、と疑念を抱いてしまう人間の恐ろしさよ・・・。「人は見た目が9割」というのは決して間違いではありません。

そんなリチャードを演じたポール・ウォルター・ハウザー(以下、PWH)もまた、肥満体でしかめっ面を浮かべた「好印象とは言い難い」容姿の俳優です。何よりも『アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル』で彼が演じた自称・元諜報活動員のイカれたニートの役の印象が強烈であり、それがそのままPWHのイメージに繋がっている映画ファンも多いのではないでしょーか。


なので、『アイ, トーニャ』を観たことがある映画ファンからすると、PWHが出てきただけで「コイツが犯人だ!」という先入観がうっすらと脳内を支配するのです。それはまさに「リチャードが怪しい」とマスメディアと一般大衆と似た心理が作用する、ということですね。

そんな観客の先入観もあってか、実際にかなり危なっかしいリチャードの言動は本作の中盤以降においてコメディ的に変調していきます。もちろん展開上はシロだと分かっていても「いやいや、PWHだからやっぱりクロかもよ~」なんて思えて笑いがこみあげてきます。

本作はPWHの持ち味を最大限に活かしており、彼の存在が重くなりがちな題材にややブラックな笑いを付加していますね。結果として作品としてのバランスもうまく保てた印象です。

僕の評価

7点/10点

タイレンジャー
タイレンジャー

最後は爽やかな感動が得られる作品ですが、ハイライトはリチャードの怪しまれ要素が続々と出てくる件でしたね。笑わせてもらいました。

どうでも雑感

・FBIのおっさんが下品な女性記者と一発ヤリたいがために、「リチャードが容疑者」という捜査情報をリークしてしまう件は笑えました。

・短パン弁護士を演じたサム・ロックウェルも良かったです。

鑑賞方法

『リチャード・ジュエル』は下記のVOD(ビデオ・オン・デマンド)にて配信中です。

・U-NEXT |31日間無料トライアルキャンペーン実施中

U-NEXT

・TSUTAYA TV |30日間無料お試し期間実施中

※本ページの情報は2020年12月時点のものです。最新の配信・レンタルの状況は各サイトにてご確認ください。

クリント・イーストウッド監督作品

+6

コメント