『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』【ツッコミは無しで】ケレン味ゴリゴリ戦車映画

映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』の一場面 アクション
(C)Mars Media Entertainment, Amedia, Russia One, Trite Studio 2018
この記事は約5分で読めます。

極東の国においても一部に熱狂的なファンを生み出しているロシア製の洗車映画。

確かに大味ながらも、これは楽しめる映画です。そもそも細かい粗をあげつらうような映画ではないという暗黙の前提があるかと思いますので、「粗探しをしてやろう」という気持ちのある人には向かないかと思います。

タイレンジャー
タイレンジャー

僕は楽しめましたよ!さぁ、肩の力を抜いて鑑賞しましょう。

作品概要

2018年製作/113分/G/ロシア
原題:T-34
配給:ツイン
監督・脚本:アレクセイ・シドロフ
撮影:ミハイル・ミラシン
出演:アレクサンドル・ペトロフ/イリーナ・ストラシェンバウム/ヴィンツェンツ・キーファー/ヴィクトル・ドブロヌラヴォフ/アントン・ボグダノフ ほか

第2次世界大戦時、ナチスの捕虜になったソ連兵が、たった4人の味方と一台の戦車で敵の軍勢に立ち向かう姿を描いたロシア製戦争アクション。「太陽に灼かれて」の名匠ニキータ・ミハルコフが製作を務め、撮影にはT-34の本物の機体を使用した。第2次世界大戦下、ソ連の新米士官イヴシュキンは初めて出た前線の戦いで敗れ、ナチス・ドイツ軍の捕虜となってしまう。イヴシュキンが戦車の指揮をしていたことを知った敵軍は、収容所で行われているナチスの戦車戦演習のため、ソ連軍の戦車T-34の操縦をイヴシュキンに命じる。しかし、与えられたT-34は実弾を装備せず、演習では敵の砲火から逃げ惑うことしかできない。確実に死が待ち受ける演習を前に、T-34の整備を命じられたイヴシュキンは、仲間とともに無謀な脱出計画を立て、実行に移す。

映画.comより)

予告編

800万人が熱狂した胸アツ戦車アクション/映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』予告編

感想・考察(ネタバレなし)


本国ロシアで記録的大ヒットとなった戦争映画ならぬ「戦車映画」。

そう、大型量販店のような「戦争映画」という広い括りではなく、特定のテーマや分野に特化した小さな専門店のような映画なのですね。もちろん戦争映画と言っても多種多様ですが、本作を一言で言うと、宣伝文句にもある通り「戦車アクション・エンターテイメント」。これ以上でもこれ以下でもありません。

ゆえに、観客はそのコンセプトを承知の上で観る必要があります。

1. 戦争ではなく、戦車を描いた映画なので、戦争の本質を描く必要は無い。

2. エンタメであること、戦車をカッコ良く描くことが最重要なので、リアリティは二の次である。

3. マヌケなツッコミどころは目を瞑るべし。


戦争を題材とした映画というものは、作品を重ねるごとにリアリティの追求という点でしのぎを削ってきた歴史がありますが、本作はそんな流れを汲んでおらず、むしろ時代と逆行するかのような作品です。

リアリティの代わりに本作が追求したのがケレン味。砲弾が戦車のボディに直撃するたびにカメラは縦横無尽にその姿を舐め回します。カメラが『マトリックス』のような動きをする戦車アクションって感じですかね。

アクションはリアルであるよりもカッコ良くあるべきだという信念に基づいているのは間違いありません。カッコいい戦車アクションがお腹いっぱい食べれたらそれでいいじゃない。他に何を望むの??というわけです。

そのコンセプトからして、80年代〜90年代のアクション映画をテレビの洋画劇場で観るような感覚で鑑賞するのがちょうど良いかと思います。

なんだったら、コタツでミカンを食べながら観る、くらいで良いのです。ムダに格調高い『1917 命をかけた伝令』のように正座をして観る必要はありません。
もちろん戦車や娯楽アクションがお好きな方なら、極上爆音上映など重低音が効果的な環境でご覧になるとさらに楽しめるハズです。

よく指摘されている、演習用のソ連軍の戦車の中に砲弾が残っていたと言う点がご都合主義(ツッコミどころ)という点は僕はそれほど気になりませんでした。それも上記のコンセプトからすると「気にすんな」というレベルだからです。

それに戦争もスポーツもミスを犯した方が負けるものです。的外れな愚策や、呆れるような確認不足によって戦局が変わったことは歴史上多々ありますから。そういう意味ではそれは本作のリアリティと言えなくもないかなと思いました。

本作はコンセプトさえ押さえておけば、単純明快な楽しい戦車アクションです。小さな専門店にはそれなりの「楽しむ為のお作法」があるのですね。

僕の評価

7点/10点

タイレンジャー
タイレンジャー

単純明快、専門特化。いいじゃないですか。

どうでも雑感

・「白鳥の湖」がBGMとして流れる場面の盛り上がりが何とも良いアクセントになってますね。

・戦車映画だとブラピ主演の『フューリー』なんてのもありましたが、アチラはちょっとシリアスすぎる感じであんまり楽しくないんですよね。その点、こちらはいい意味で健やかな戦車映画でした。

・あと、既に他ブロガーさんたちが書かれている通り、ロシア語で「指揮官」が空耳で
「ガマンじ〜る」に聞こえる。
戦車兵が「指揮官」と言う度にガマン汁。明日からドヤ顔で使えるロシア語だ!

鑑賞方法

『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』は下記のVOD(ビデオ・オン・デマンド)にて配信中です。

・U-NEXT |31日間無料トライアルキャンペーン実施中

U-NEXT

・TSUTAYA TV |30日間無料お試し期間実施中

※本ページの情報は2020年11月時点のものです。最新の配信・レンタルの状況は各サイトにてご確認ください。

「細かいこたぁ気にすんな」系の戦争映画

0

コメント